運動会日和、お出かけ日和

長女の中学校の体育祭が昨日雨で延期になり、今日開催された。

結果、おかげで(と言うとバチ当たりだと思うけれど)、わたしは余裕を持って競技を見ることができた。

年頃のせいか種目のせいか全体的に勢いや熱さは感じられないものだったけれど、普段よりはキビキビ動くムスメを遠目から眺めてニヤニヤしてきた。

 

 

そのあと二女と待ち合わせて、都内の二女の用事に付き合ってきた。

途中下車して中目黒のAFURIでラーメンも食べた。

塩はけっこう久しぶり?

今日は炙りチャーシューを鶏チャーシューに変えてさらにさっぱりと。

ざらりとした麺がおいしかった。

(二女もこの麺が好きだけれど、「好みは分かれるんじゃない?」と話している)

 

 

阿夫利のあとに別行動した夫は、日比谷公園のイベントで鉄道模型を買い込んできた。

ずっと欲しかった電車がこのほど商品化されたんですって。

並べて、繋げて、いろんな角度から眺めて、なにやら楽しそうだったな。

at 21:46, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

栗その後

小さな栗は、鬼皮を柔らかくするところ、その後の皮むき、茹でて火を通す工程で、実が割れたり欠けたりしていった。

仕方ない。

二女が甘露煮を所望するので、くちなしで色づけして、その後シロップに漬けた。

アイスクリームに混ぜるにしても、ケーキに使うにしても、ごろりとそのままってことはおそらくなくて、割れ欠けしていてもいいのかな、と思う。安かったし、小さかったし、でも十分。

 

大本命の大きな栗は、素材の味がストレートにわかる食べ方をしたい。

茹で栗、栗ご飯、長女所望の栗のクリーム(絞るとそのままモンブラン)。

さて、どう配分しましょうか。

 

次女、甘露煮のでき上がったものをそのままつまんで「おいしー!」と悶えていた。

うん、今年はよくできた。

栗のパンケーキ焼こうかなあ。

at 23:31, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

栗の季節など

夫実家から大きな銀寄到来。

毎年のことながら興奮する。

 

届いたらすぐに虫の卵が孵らないように下処理を。

これでひと月ほど楽しめるき

 

 

近所の電気屋さんの栗。

大きさがマチマチ、お値段も安い!

これは加工用に。

二女が丁寧に剥いてくれた。

 

ん、電気屋さん?

うん、電気屋さんだった。

 

 

受賞はうれしいのだけれど、テレビ見てると、ネタバレのような説明だらけでびっくりする。

核心をまんま言っちゃったらつまらないでしょう?

‥と言うか、作品を読んでない人が原稿読み上げるからそうなるのか??

at 23:54, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

もろもろ、いろいろ

二女が中学に上がる前後に、「メガネをコンタクトレンズに変えてもいいかもしれないね」と言ったことがある。

彼女の返事は「嫌」、それも即答だった。

ずっとメガネでいい、メガネなしの顔で歩きたくないとも言われた。

最近、「コンタクトにしよっかなー」と言うようになった。

心境の変化かな。少し自信が持てるようになってきたのかな。

ずいぶん笑うようにもなった。周囲の影響が大きいのかもしれない。

 

 

習いごとの行き帰りに通る道には「パンとエスプレッソと」系列のハンバーガー屋さん「Sun&Witch」があって、ここではたまに「パンとエスプレッソと」の角食「ムー」を買うことができた。

最近は開店時間が早くなり、並ぶパンの種類が増えた。それも朝夕でラインナップが違う。

おかげで往路と復路で2度パンを買う、なんてこともある。遠回りして「パンとエスプレッソと」に寄ることもあったから、これは便利だし、うれしい。

今回は初めて見た山食を夕方に。いい香りにくらくらする。

 

 

玄関のファブリックパネルを替えた。

しかし案外誰も気づかないもんだ。

 

 

おやつは1人、キットカットの食べ比べでした。

上から、オーストラリア、スペイン、そしてスカイマーク機内でいただいた日本の。

多少おいしさに違いはあったものの、夫とわたしの好みも違ったし、比べているうちに甘ったるさでよくわかんなくなったあたり、大差はないと言うことなのでしょう。ま、気が済んだからいいのです。

キットカット、こんな機会でもないと食べないしな。

 

 

 

ピカピカの5円玉だ!去年のかな、今年のかな?とひっくり返したら、わたしとほぼ同い年だった。

こんなこともあるのねー。

 

 

うすい雲に透けて見えた十五夜の月。

 

 

海外で暮らしている友だちと年明け会えることになった。

ひと月ほどお子さんと一緒に東京に滞在するそう。

ブログ読み返したら8年ぶり?

その間に1回くらい会ったんだっけ??(←思い出せない)ってくらい久しぶり。

 

「パンとエスプレッソと」のHPを見ていたら、自由が丘に新店舗の予定があるそうな。なんとなんと!楽しみが増える

at 23:23, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

いろいろ、もろもろ

先週、たくさん雨が降った朝、ムスメたちは雨が弱まってから出かけて行った。

二女は長靴登校を頑なに拒んでローファーで出かけた。同じ学校の子のお母さんと「女子中学生なりの矜持かねー」なんて話した。

片や長女は長靴で元気に登校。んー。

親からすると、足して半分に割りたいことってあるね。おもしろい。

 

 

この前買ったリフレクターをカスタマイズ。

⬇️

マリメッコのリフレクターの金具だとつけられるところが限られてしまうので、グリミスと同じサイズのボールチェーンをお取り寄せ。(10本入りだったけれどまあ仕方ない)
これでマリメッコのトートにつけられるわ。
そういえば前に持ってたウニッコのリフレクターも金具つけ替えて使ってたな、と急に思い出した。

 

 

今年最初のいくらのしょうゆ漬けを作った。

今くらいの筋子の固さがちょうどいいかな。

皮が硬くなっちゃう前にあと何度か〜‼︎

 

 

久々にドカンと発熱。

予兆はなかったものの、9月は確かにタイトだった。疲れだな。

熱が去ったあとは喉が痛くなってきた。

わたしの場合、喉の痛みは熱と連動しない。

体力が落ちたときに出てくる持病の症状のひとつで、こうなってしまうと2〜3週間は辛い。

ピークは真ん中くらいだろうか。これからどんどんひどくなるということか‥

いつもなら流れに任せるというか、痛み止め使いながらやり過ごすしかないのだが、ふとマヌカハニーがあったことを思い出して、お湯でといて飲んでみた。

なるべく喉に当てるような感じで。

即効性は感じなかったものの、翌日が喉がずいぶん楽になっていた。体調も底上げされている。

もちろん1度だけのことで判断はできないから、以降も続けてみなきゃわからない。様子見様子見!

‥でもこんなU字回復(うん、Vってほどじゃないな。もっと緩やか)、今まではなかったんだよなー。

 

 

体調がイマイチだったこともあって、いつものデトックスをしよう!と思い立つ。

玄米をひたすら食べるというもの。

前回の玄米まだあるし。玄米甘酒もまだあるし。これらを食べきるくらいまでやりたい。

昨日思いついて、今日から実行すべく朝イチで玄米を炊き始めたものの、炊いてるそばからほかのものをつまみ食いしていた。

いかんいかん、まだ意識がそっちに向ききってない。

スタートは一日延ばし、玄米をたくさん炊いて冷凍。明日に備える。

 

 

話をちょっと戻すと、先の大雨の日の夕方、出先から車で戻って車庫入れして駐車場を出たところに長女がいた。

全身で息をしている。
「うちの車そっくりなのが」「見えたから」「走ってきたんだけど」
「ウチのって確証あったの?」
「ない」「同じだなってくらいで」「わかんなかったけど」「合ってた」
「どこから追っかけてきたのさ?」
「前にわたしが」「グーグルに写真撮られたあたりで」「この車が」「曲がっていくのが見えて」
わたしの足で徒歩6、7分のところから全速力で余所のかもしれない車を追いかけてきたわけね。
それも長靴でね。
おかしくって、どんだけお母さん好きなのよ、と突っ込んでみたかったけれど、やめておいた。
※そう、長女は某所の地図に写り込んでいる。見るたびにおかしい。

at 23:31, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

お弁当の本

レシピ本がたくさんあって持ちぐされていることを前に書いた。

(ダイエット本や片付けの本は読まないのに増えて時々手放していることも何度か書いたか)

作ることはあんまりなくて、読んで終わる。

読みものと割り切ればそれはそれでありかと思う。実用書ですけどね。

 

最近はそんなにレシピ本を買っていない。

なんとなく気になるものは一度図書館で借りる。

逆に、どうしても欲しくて買ったものは、ちゃんと使っている。ザ・実用!なんである。

 

と、誰に誇示するでもなく、でもワタシも多少成長したかしら、と思ってたら、増えているものがあった。

しかもレシピ本にしっかり属するじゃあないの。

 

ええ、ほぼ活用されておりません。

鶏照り焼きの作り方が変わったくらいかな。

 

と思っていたら、図書館でいつだったかに予約した本が続々と届く。

(それぞれの予約時期はバラバラなのに、なぜか一斉に来るんだな、これが)

 

実際これらが手元に来て、あれ?と思ったら上の画像のような本が既にあった。

それまで気づかなかったのでありました。

 

自分の目指す方向がよくわからないのですけれど、とりあえず図書館のは返して、手元にあるものには目を通そうと思った次第です。

 

そうそう、上に書いた大原千鶴さんの、薄口醤油とみりんだけで味付けする鶏照り焼きはとてもおいしいです。

砂糖使わないってだけでストレスが減るんだな。

at 23:26, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

赤い口紅

この頃赤い口紅をつけてみている。

顔がぱきっとした印象になって似合わない、とお蔵入りさせていたもの。

 

 

たまに家の中だけでおそるおそるつけて、ようやく見慣れてきたので日常使いに。

ぼんやりした気分のときや、自分の見た目がぼんやりしてるようなときに内から外から、とにかく喝入れのように使う。

暗示みたいなものだな。

 

MIMCのミネラルルージュ、野宮真貴さんプロデュースのトーキョーレッド。唇が荒れない。

at 13:52, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

初利平

 

この季節になると、夫実家から立派な銀寄がたくさん届く。結婚して以来ずっと。

とてもおいしくて、とてもとてもうれしい到来物なのだけれど、その一方で気になり続けていたのが利平。

店頭で一瞬見ては「お!利平」「食べてみたいな」と思い、でも次に行くともうないということが続き、まあ栗自体十分足りていたこともあって、「ま、いっか」「いつかそのうち」と思っているうちに随分経ってしまった。

 

昨日、いつも行く食料品店に利平が並んでいた。

うーん、これ逃したら、また随分経ってしまうんじゃないか?と思って、えいっと購入。

やったー!初利平‼︎

大サイズということだったけれど、銀寄の小さなサイズ(ちなみに4Lまである)よりも小ぶり。

 

今日は1パック全部使って栗ご飯にしてみた。

栗らしい栗だなあ、という印象。

おいしかったし、銀寄っておいしい栗なんだな、ということも再確認できた。

わたしにとっては遜色なかったということ。

(収穫年度や産地によっても、それぞれまた味は変わってくるのだろうけれど)

 

残った栗ご飯を冷凍していたら、芋栗南京娘の二女が「お弁当に入る〜?明日の晩ご飯でもいいけど」と歌うように言う。

「どっちでもいいよ。栗ご飯はさ、シーズン中にまた炊こうよ」と応えたら、「3回くらい炊いてもいいよ〜」。

そっか、そんなに好きなのね。

at 23:24, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

Pakkanenのリフレクター

 

秋冬の柄から新しいリフレクター♪
家族のバッグにはなるべくリフレクターをつけるようにしています。(これはわたしのだけど)
欲しかった布やバッグは売り切れていたり、イメージ違いだったり。残念だけど、また行こう。

 

Pakkanenの生地も素敵だった。

 

at 09:45, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

大きなキノコなど

大きなキノコの第二弾、ジャンボマッシュルームはポットベラ!

さて、どうやっていただきましょうか。

サイズ比較はまたチチヤスで。

 

 

このトレイに2つ入っていたのよね

写真撮ったあと、戻せなくなりました・・・

 

 

某日、元町・中華街駅で降りたら、のんちゃんがズラリ。

元町商店街のセールのポスターでした。

活躍しているのを見るとうれしい。

商店街はいつもより賑わっていました。

今回はほかの目的で行ったけれど、次はブラブラ街歩きもしたい。

 

 

ジャンボマッシュルームのひだがきれいすぎて不気味でなんとも‥

サイズと色味を落としてちょっぴりのっけてみる。

at 09:26, peroperope, 日々のこと

-, -, - -