色々諸々

バナナブレッドハーフ。

濃厚なバナナの風味にくるみの歯ざわりがほどよい。
これにはコーヒーや紅茶より牛乳が合う‼︎

ホールでもよかったな。

 

 

 

 

愛用しているゴム手、マリーゴールド。

わたしの手は大きいのですが、これはいつもSサイズ。

フィットしてなにかと作業しやすいのです。

 

 

 

 

やっとココット買った。

なかなか売られない作家さんものは諦めて次の候補だったstudio m'のを。

これでオニオングラタンスープ作る!

ムスメが「いつでもいくらでも玉ねぎ炒めるよ!!」って。

頼もしい(’-’*)♪

 

 

髪を短くした。

ショートカットを続けることって今までなかったけど、今の美容院に変えてからはずっとショート。

担当の美容師さんがとても上手なんだな。

それを今回、より短くオーダーした。

「これ以上切ると着るものとか変わっちゃいますから」と言われたギリギリのラインまで。

一生これでいいような気すらしてるけど、いつか飽きるのかしらん。

at 22:59, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

日々パン

往路、朝10時頃。

Sun&Witch(3&w1)だったところが、外観はそのままにパン屋さんになるみたい。

 

復路、14時頃。

パンが並んでいる!正式なオープンは来月で、今はプレオープン中、お店の名前も未定とのこと。

今後パンの種類はもっと増えるそう。


小さな角食、べべをひとつ。

ムーとは違うんですか?と尋ねたら、ムーよりおいしいです!って。

 

帰ってムスメと耳をつまんだ。たしかにムーより好み。
食パンというより、もはや生地だけの菓子パンのよう。ムスメはくどさのないデニッシュみたいだね、って。

ああでも、一度Sun&Witchでハンバーガー食べてみたかったなあ。

 

 

 

食パン四角く切り抜いてバター熱したフライパンに耳(枠)を置いたら中にベーコンしいて卵を割りおとし溶けるチーズをのせたらパンの抜いた部分をふたをするように戻す。良い焼き色がついたら裏返し底面も焼けたらお皿へ。

塩をぱらり、黒胡椒ガリガリ挽いたら、いただきまーす!
適宜黄身をからめながら。

遅めのランチ、これにすると決めたら早足になった。

たまに無性に食べたくなるんだ。

黄身が割れずにできあがるとうれしい。
生が苦手な娘のぶんは黄身を突いてからチーズをのせてます。

 

あ、べべじゃなく家にあった角食で作りました。

at 23:29, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

エリスマン邸、国立新美術館、パン

日曜日は横浜山手のエリスマン邸へ。

展示されている中高生の作品を見てきた。

 

趣のある建物、季節に合わせたしつらい。

光の差し込んだところがきれいだった。

 

 

 

 

 

 

 

今日は新国立美術館へ。

ここはいつ行ってもかっこいいな。

 

都内の5つの美大の卒業制作展示を見てきた。

学生さんたちが思い思いに描き、作った作品は勢いと見応えがあった。

 

 

 

ここの地下のミュージアムショップが好きで、立ち寄るのがいつもの楽しみ。

今日も長いことうろうろしてしまった。

 

 

今日は残っていた煮込みとポトフとミネストローネとカレーを片付けちゃおうと思っていた。

そこへ近所の友だちからライン。「パン買い過ぎちゃった。セントルの山食半分いらないかな?」

それはもうよろこんで!

夕方に中間地点で待ち合わせて、パンとオリーブオイルをいただいた。

おかげで夕食が素敵な感じになりましたよ。

 

食パン、いろいろ買ってるけど、わたしはやっぱりセントルザベーカリーとが好きだなあ。

 

 

街中を歩いていて、好きな香りをつけている人と行き合っては、いい香りだな、好きだな、どこのなんというフレグランスなんだろう?と思うけれど、それを探すにはあまりにとっかかりがなく、次にその香りと遭遇したときに記憶を手繰りよせてこれだ!と思うしかない。そんなことが続いて、あるときたまたま嗅いだサンプルに「まさにこれだ」と震えるような思いをしたことがある。それはあまりメジャーなものではなかったし、売っているところも限られていた。

そんな香りがこの数年でもう一つできた。ごくたまに街中でキャッチしては、どこのなんだろう?と思っていた。そして今日また「まさにこれだ」がやってきた。それは前回と同じブランドのもので、わたしはびっくりした。

そこの香りと相性がいいのねーという話なのかもしれないけれど、アイテム数は結構ある。その中からこれに巡り会えるなんて。

いずれは買うと思うけれど、フレグランス自体をつけなくなって久しい上に、周りにもつけている人はほとんどいなくなった気がしている。今は匂いも害の一つになるらしいから、そのつけ方は難しいのかもしれない。

at 23:56, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

手提げのバッグ、どんこ、バッグ

小ぶりな手提げバッグを買った。

ムスメが「かわいい」と言うので「一緒に使う?貸すよ」と言ってみたら「いい」「手に持つカバンは面倒かな」との返事。そういえばリュックかショルダーが多いよね。聞けば、お友だちもみんなそうだって。長女にL.L.Beanをプレゼントしたときも、あまりピンとは来ていなかったように感じたし、それはしばらく使われることなく置かれたままになっていた。(最近は少し稼働している)

考えてみると、周囲に手提げのトートが流行り始めたのが中学の終わりから高校に入るくらいだったかな。(えー30年くらい前ってことですね)そこから世はトート全盛期を迎えたと思う。(おそらく)

20代の頃、L.L.Beanやエルベシャプリエのナイロントート大小をいくつか保有し、以降わたしの中で小さな流行り廃りはあったものの手提げトートはザ・定番という位置づけだし、その派生で手提げのバッグ自体が好きだ。なで肩だからショルダータイプ(トート含む)をなんとなく控えてしまっているというのもある。

まあそんな自分のことはさておいても、手提げという理由でバッグが却下されたことにびっくりした。面倒なのか。そうか。

 

 

ホクトの「生どんこ」という生椎茸をいただいた。確かに見目がすでに干し椎茸のようではあった。

夫は椎茸(とりわけ干し椎茸)が苦手で、普段いるときには匂いのする料理はしない。

生椎茸を炊き込みご飯にするくらいなら大丈夫だろうと踏んだのが間違いで、これが炊飯中実によく香る。それはどう嗅いでも生椎茸にはない、干し椎茸の香りなのだった。途中から気が気じゃなくなってくるけど、炊飯器を止めるわけにも行かない。

噴出する蒸気がおさまれば、炊き上がったもの自体がそれほど香ることはなく、二女と2人で美味しくいただいた。

 

 

話を戻すと、トートバッグは取っ手を手でつかむというよりは、肘に掛けて持ち歩くほうがわたしは多い。

高校に入ってすぐの頃、肘掛けでトートを持つ子がクラスにいて、その様がかっこよくて気だるいのに優雅にも見えたから。

同じように持つことができているかと言われるとうんと微妙だけど、その印象は強くて、今でも彼女が持っていたトートバッグのロゴまで克明に覚えている。

 

※最近エルベシャプリエのお店に行ったら、ナイロントートがずらりと並んでいてきれいだったな。そして記憶していたよりも高かった。以前は円高だったからか、それとも並行輸入が多かったのか。ちなみに、今も当時買ったものの一部は活躍中です。

※ちなみに、リュックからいちいちお財布やICカードを出したり、混んだ電車で前に抱え直す方が面倒だなあ、とも思ってます。おばちゃんだからかな。

at 21:47, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

しゅうまつ

ネーミングとパッケージに惹かれて買ったキッチンスポンジ、水切れいいし、2ヶ月経ってもへたらない。

これはいつまで持つのかಠ_ಠ
目が粗いから汚れも残りづらい。
水切れの良さ、わたしは重要視するポイントで、パックスナチュロンのスポンジも好き。

パックスナチュロンはこのマダムゴールドよりも目が細かく、幾分繊細か。
いまのところ双璧。

 

 

昨日ネットで見たことがあった食パン専門店の袋を持って歩いてる人を見かけた。

店名にインパクトがあって覚えていた。正直、その印象はイマイチだった。

結構遠いところだったよな、と思いながら調べてみたら、昨秋に菊名に2号店がオープンしていた。

買えると思ったら気になりはじめて、今朝仕事の前に整理券の列に並びに行ってみた。

行列の長さにびっくり。開店時刻よりも早く販売が始まって、並び始めから購入まで30分弱といったところ。

 

 

おいしいうちに、とぶ厚くカットして、夜に塊肉のローストと一緒に出した。

生地は甘めでふわふわ。

 

 

 

 

キャンパスノートを洗濯してしまった。

洗濯物が紙屑だらけにಠ_ಠ

今週の悲しいできごと。

 

 

 

書店に並ぶ数々の収納本を眺めながら、そっかこれらを書いた”収納アドバイザー”の資格取得用の実用書を読むのがいいんじゃないかと思って、フリマサイトで買ってみた。

資格が欲しいとは思ってなくて、思いつきと興味です。

 

 

収納といえば、増えに増えたてぬぐい。

無印の収納ケースにざっくり色別に収納していたのに、いつの間にかごちゃ混ぜに。

新しいものが入らないし、奥のはなかなか出番がない。

ぼちぼち次の手を考えなければ。

 

 

 

 

 

at 22:20, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

てぬぐいはしご

 

習いごとのあと、てぬぐい買いに浅草へ。
着いた先でまずは遅めのお昼ごはん、与ろゐ屋で梅塩ラーメンの梅抜きを。(塩ラーメンはなかったのです)



今日は堪えようと思っていたかまわぬ、ラーメン屋さんから舟和本店まで歩く間にあって、やはり立ち寄ってしまうの巻。

しばらく買い控えてたのに、お店行っちゃうとどーもいかん。

でもこれ、きっと今しか買えない?

 

 

 

 

 

そこからすぐの舟和本店へ。

そもそもはペリカン目当てで浅草方面に向かったものの、芋ようかん柄はムスメが喜ぶかな、と思って寄ることに。

あんこ玉×芋ようかん、シンプルでかわいい。

 

 

そこから田原町のペリカンカフェまで歩く。

10分ほどでパンのペリカンの看板が見えてくる。

こんなふうに見知った場所に出るとホッとする。

カフェまではここからさらに2,3分。

 

お店に着くと、目当てのてぬぐいが飾ってある。きゃーだめだ、こりゃかわいい。

 

ムスメたちのおみやげにクリアファイルも。

パンのシールも欲しかったけどがまん。


 

 

 

パンのペリカンの方で予約しておいた小さな角食を受け取って帰路についた。

 

 

持ち帰ったてぬぐい。

帯までかわいいので、まだ広げられずにいる。まいったな。

 

 

‥てぬぐいが絡むと行動力あるなわたしは。

熱は冷めたものだとばかり思っていたけど、今日のときめきを見るにまだまだだわ。

 

 

スマホの地図にしたがって歩くことは苦手だったけど、ひとたび方角さえつかめればどうにかはなるようになってきた。

一駅なら歩けるかな、とか、同じ区内なら行けるかな、なんぞと調べてみて、30分くらいだったら最近は歩いてしまう。

都内だとそのほうがスムーズだったりもする。

(その代わり、たまに方角を間違ってずんずん進むと、とんでもなくロスしたりする)

初めての町や道でも歩くことができるってすごいな。GPS様様🙏

おかげで歩く機会がぐんと増えた。ありがたや。

at 21:47, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

タベモノバカリ

朝ドラを見ていたら無性にチキンラーメンが食べたくなった。

せっかくなら袋のがいいな。

なんてタイミングでコンビニに行ったら、つい買ってしまったこれ。

考えていたものとは味も形状も違うんだけど、おいしかった。

カップヌードルよりは出前一丁の方が好きという人、ごま油好きさんにはおすすめ。

袋ラーメン、完売するお店も出てきているそうですね。飯テロ効果は大きいよな〜

そしてペヤングジンギスカン味、未だどこにもないのですが。

 

 

温泉たまごチャレンジは断続的に続いている。

昨日は炊飯器を使う方法で3度試した。(主に二女主導)

作り方は一緒で、置く時間がそれぞれ違う。白身よりは黄身が固まるという点に於いては間違いのない方法に思われた。

一度目はゆるくて、ぬるい玉子汁を飲むようなものが出来上がってしまった。

二度目は少しましに。

三度目は出来立てを食べたらよかったのかもしれないけれど、翌朝用に、と冷蔵庫に入れたら固くなりすぎてしまった。

(それでも黄身が固くなりすぎないのがゆで卵よりずっといい、とムスメたち)

そもそも生卵好きな長女は「いくらでも飲める」と言ってくれたものの‥飲み物じゃないのよ。

 

 

dancyuの鍋ムックのレシピの一部がネットで公開されている。

その中の一つ、「ひらひら大根と鶏肉のとろみ鍋」を作ってみた。

材料も味つけもシンプル。シンプルすぎてムスメたちには物足りないか?と不安はあったものの、その日のお昼がかき揚げそばと割に高カロリーだったこともあって決行。

あっさり優しい味わいで、ちょっぴり生姜風味。薄い大根とツルツルの鶏もも肉がいくらでも食べられる。3人で完食。最後の締めの稲庭うどんは、とろみのあるつゆにほんの少し薄口醤油を足して、こちらも完食!

夫は飲み会で不在だった。「お父さんには物足りないかもね」とムスメたちが口々に言うのがおかしかった。

at 16:14, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

穴、高校時代、ココット

そういえば長靴に穴があいたのだった。

いつも忘れて雨の日に出して履きかけては、こりゃいかん、と思っていた。

このままなのもいかん、と、思い切って先日処分した。

でも次の雨の日にはそもそも捨てたこと自体を忘れてそうな気がする。

水を通しにくい材質のパンプスがあるのみで、欲しいものも特にはない。

さーて次はどうしよっか?

 

 

ステンドグラスの教室でよく話をする方がミッションスクールに通っていたことを聞いた。

学校にステンドグラスがあったって。

「わたしもですよ、チャペルにステンドグラスがありました」」なんて話をしたら「学校に連絡取ってみたら画像送ってもらえたりするかもよ」と言われた。

うーん、どうでしょう。

その当時の先生方がいらっしゃるとは限らないし、そんなお手間を取っていただくのも恐縮だし、もっと言えばワタクシ出席日数ギリギリの多分問題児寄りの生徒だったはず。

‥とは言えなかった。

あの頃はステンドグラスあるな、くらいの認識でしかなかったもんな。惜しいことです。

 

 

ずっとオニオングラタンスープを作るココットが欲しかった。

狙っていた作品が展示・販売される機会が都内であったので、実物を見たいと思って行ってみたものの、今回ココットは来ていなかった💔残念。

もう第二候補のstudio m'で決めちゃうか、いつになってもいいからこのココットを待つか‥

このまま鍋で4人ぶんを焼くオニオングラタンスープが定着するような気もしてきたな。

 

ちなみに、このstudio m'を擁するマルミツウエブストアには、ブタヘッドのトリフボール( ブーチャンコキール)があって、とてもかわいい。これをオニグラ用に欲しいと思ったくらい。(よくオニグラ用としてライオンヘッドのものは見るからね)

しかしこのブーチャン、オーブンウエアではないのだった

惜しい、ってか、紛らわしい。

 

at 22:15, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

バレンタイン前後

きのうのおやつはBAKE。
今日までの限定、チョコレートチーズタルトにムスメたち大喜び。
濃厚でおいしかった。

 

 

 

自由が丘で友人とパンケーキシェア。

ぐりとぐらをイメージしたもの、ということだったけれど、まー普通のパンケーキだったかな。

幼稚園児が走り回る店内は忙しなかった。その母親たちは店員さんに突撃している我が子を全く見ないでおしゃべりに興じていた。

さっきからぶつかってるっての。

こういうのは腹立たしいのを通り越して(怒っているのは店員さんだしね)やれやれって感じだよね。

わたしたちの子どもたちは幼稚園児の頃も静かに食事してたよね、それでもファミレスしか行かなかったよね、なんて話をするのはもう五月蝿いオバサンなんでしょうか。

いろいろ残念。

 

 

バレンタインは今年もパフェを。

チョコ要素が少なかったかしら。

(一応チョコスポンジは入っているものの‥ఠ_ఠ)

夫は”追いチョコシロップ”してました。

いちごがあったらよかったな。忘れてた。

 

 

パンケーキの日、本当は3人でランチするはずだった。

1人が来られなくなって、じゃあ残りの2人からチーズタルト差し入れしようか、ということになったのだった。

自由が丘から「今から行くよー」と連絡しておうちに伺ったら「今からなら少しだけ出られる!」と言う。

急きょお茶できることになって、そこから4時間タリーズに。

その帰り道はヘトヘトだった。

きちんと話をすると体力使うんだなあ、とびっくりするほどに。

それでも、聞くしかできないけれど、これで少しでも彼女が楽になればいいな、と心から思った。

ランチはまた今度、3人でいつかだな。

 

at 19:40, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

こします&バラパン&ゴルゴ

いつもお買い物する食料品のお店は今日から山陰フェア。

かわいらしいパッケージのパンを買いました。

 

 

 

 

オイルポットのこし網が壊れちゃって、次はどうしようかなあ、と思っていたときに見つけた「こします」。

それほど容量は要らないので、小さい方を買った。

キッチンの調味料入れる細い引き出しにも収まるサイズ。

 

 

 

 

魔が差した買い物。

でもなんでゴルゴなのかわからず、帰宅後しばらくしてから気がついた。

缶詰め売り場にふつうに並んでるんだものఠ_ఠ

一瞬おふざけ系のチョコレートかと思ったわ。

at 19:33, peroperope, 日々のこと

-, -, - -