火曜日

今日は習いごとの後、行ってみたかったVIKING BAKARY F へ。

原宿から乃木坂のお店まで歩いた。よりによってなんでこんな日に、と思うような暑さで、途中ショールは外して。

定番の角食、プレーンを買うつもりだったけれど、行ってみたら山がた食パンもあった。そちらも買い求める。

道を戻らずお店から六本木までさらに歩けば家の最寄り駅までのアクセスがよくなると思って、そのままさらに歩く。当然パン二本はずっしりと重く、また次に来ることになるのだったら今日は一本で十分だったじゃないかと自分を呪うようにして歩く。暑い。

六本木まではけっこうあった。まあでも歩けちゃうもんだな。

 

 

 

 

 

 

 

ガラスの端材でクリスマスのオーナメントを作ってバザーに出し友人に贈り、そのオーナメントのヒイラギを切った端材がまたけっこうな量だった。今度は細かくてバラバラの。

廃棄しようとしたら先生に「もったいない、リースができるよ」と言われて、「じゃあ」と持ち帰って、空いた時間で銅のテープを巻いた。こうして巻いておけばいつでもリースに着手できるだろ、来年か?くらいの気持ちで。

そんな話を先週の教室でしたら「テープ巻いたら作っちゃった方がいいよ」と先生。

なんですってఠ_ఠ?

「ハンダが付きにくくなるから」

「巻いたら3ヶ月くらいじゃない?」

「密封してればマシだけどね」

いやいや密封どころか、このひと月ほどトレイに山と積んだまま空気に晒しておりました。手遅れ。

そんな流れで今日は急きょ、手がけているパネルを休止してリースを作ることに。

クリスマスもの作るにはギリギリってか遅いよな。

「今日中にできる?」と先生。

「やります、来週には持ち越したくありません!だってクリスマスものですよ」

とかなんとか言い切って、あとはハンダでひたすら端材同士をくっつける。

ちょっとの時間オーバーでなんとかリースが完成。

 

ああ、実は今日中にできるとは思っておりませんでした。

来週はパネルに戻るぞー!ってか、あれは年内にできるのかしら。

at 22:49, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

月曜日

やみくもに、あとで読もう、とか、欲しいかも、作りたい、と思うものをブックマークし続けていたら、すごい量になってしまった。

スクロールがめんどくさいは、欲しい時に欲しい情報が見られないはで、たいそう不便な思いをしながらも、増やし続けていた。

エイっと整理に着手したのが昨夜。ひとつひとつ開いてみると、大半は要らない情報になっていたり、サイトが見つからなくなっていたり、お店が潰れていたりと、今のわたしにとっては役に立たないURLになっていた。逆に残ったものの中には、まさに今必要としている情報がいくつもあって、絡まりがほどけるように解決できたものもあった。

やれやれ。何かと無駄が多い、いろいろ増やしすぎてるな、と思う。

 

この秋、長女が「食事に興味がなくなった」と言い始めた。

質も量も要らない、何食べても別にって感じ、なんなら食べなくても平気、と。

以降は、食事もおやつもつまらなそうに、つつくように食べていた。

そんなのに屈しちゃいかん、と今までどおりに食事は作っていた。

だって元々は(好き嫌いこそ多かったけど)食べることが好きな人だったから。

11月に入るころ、「ダイエットするから」と食事の量を減らすように言われた。

極端なことをされるよりは、と協力することに決めて、総量が7〜8割になるように満遍なく出し続けた。

体重はストンと落ちたよう。

そしてその後、意外にも食欲は戻ったようだった。「ごちそうさま」の後、結構な頻度で「おいしかった」と言うようになったな、と思っていたら、月末には「『食事に興味がない』なんてどうにかしてたわ」「ちょっとおかしかったよね、わたし」と笑うようになった。

食事に興味がなくなったこととダイエットが繋がっていなかったことにまずはホッとしたものの、以来長女は湧いて出てくる食欲に悩まされるようになった様子。ま、それが当たり前なんだし我慢しすぎなくてもいいんじゃない?と誘惑してみては拒絶されている。

at 10:08, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

耳鳴り&レモンケーキ

昨年の耳鳴りは十月なかばからだった。

症状はいつしか消え、喉元過ぎればってやつで、すっかり忘れていた。

そうしたら、おとといから耳鳴り。

季節なのか?(んー、でも2ヶ月違うと微妙??)

環境か?(寝る部屋と布団が変わったばかり)

どっちも関係なくて偶発なのか。

考えても仕方ないので、あとは昨年耳鼻科でアドバイスされたように、よく寝ることとストレス溜めないことかしらん。

(ストレスって何?という気もするけど。ストレスはあってもそれを感じていないとかさー‥←もはやストレスとは言わない)

 

 

ある日のおやつ、シンプルなレモンケーキ。

ほぼデザイン買い。

家族が一様に体重減らす方向へ向かっているので1人で食べた。

(わたしも向かうべきところ、というか、数値的にはわたしが一番向かうべきなのです)

もっと洋酒の効いた、大人バージョンもあった。機会があれば次はそっちを。

at 16:59, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

ルーターが二つ

 

ダイソーのミニルーター600円でガラス端材にお絵かき。

なかなか楽しい。

練習したら使えそうじゃありませんこと?(って何にఠ_ఠ)

 

遅くに帰ってきた夫にウキウキと報告したら、

「うちにルーターのセットあるよ」

「前にキミに誕生日に買ってもらった立派なやつ」

‥あったんかい。天から地に突き落とされる。

じゃあガラスに穴開けるパーツ(ダイソーでは売り切れていた)を別に買ったりしなくてもいいわけですね。

 

救いは最初から高いものに手を出さなかったことか。

昨日は一瞬、もっといいのをポチりとしそうになったし、今日はダイソーのを使いながら「もっといいのがほしくなりそうだ」と思ったばかりだった。(別にダイソーのに不満があるわけじゃないし、ほかのものの使い勝手は知らないけど)

 

家にお絵描きできるガラスはないか?と探すモードに入っているのが危険といえば危険か。

(ダイソーは電池式=コードレスだからどこでも彫れちゃう!)

ふふ。

サッシとか鏡に手を出さないようにだな。

 

ダイソーにはハンダごて500円也、もありました。すごいね。

ハンダごても欲しいものの一つ。

at 22:27, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

サンタ増える

昨日出かけた先でぶら下がっていたもの。

何度か見てしまった。

 

長い。

 

 

お店の方に聞いたら、ぶら下げても、置いておいてもいいとのこと。

置く!?と思ったけどこれもかわいいかな。

2つあったうちの片方を買って帰ってぶら下げておいたら、二女がこれ気に入って「部活のクリスマス会のプレゼント交換をこれにしたい」と言い出したので、お店に電話して最後の1つの取り置きをお願いした。

プレゼントずっと悩んでたからよかったね、と言いたいところだけど、長いところ持ってグルグル振り回すのはやめておくれ‥(彼女は昔から何かにつけ手荒いのだ)

 

 

 

 

夫の出張のおみやげ。

ラベルはこれ1枚。シンプルだな。

却っておしゃれに見えるね。

at 08:01, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

もち市松、キャンドルホルダー、オーナメント

SNSで見てかわいいなあ、と思っていたかまわぬの新作「もち市松」。

実物見たらやっぱりかわいいんだった。

オチはない、買うのみ!

 

 

 

ずっとKahlerのキャンドルホルダーが欲しい欲しいと思いつつ、今年はこれでいっか、という気もする。

2つで1000円しなかった。

ソストレーネグレーネ、IKEAやFlying Tiger Copenhagenよりも色味が少なくてわたしは好き。

お店がもっと増えたらいいのに。

‥でもいつかはやっぱりKahler欲しい。

 

 

以前、学校のバザー用に端材でオーナメントを作った。

友だち(長女の友人であるお嬢さんとウチの二女が同じ学校)が「わたし買おうかな」と言うので「作るから何もバザーで買わんでも」と言っておいた。そうじゃなくても、彼女にはリースやハーバリウムを教わったり、折々にアレンジメントを贈ってもらったり、クリスマスやお正月の飾りを作ってもらったりと、今まで散々お世話になっている。恩返しにはちょうどいい機会!(ってか、これで足りるのかい?って気もしますが)

 

ちょっと遅くなっちゃったけど、今日その分を仕上げた。

ヒイラギのほかにキャンドルも。

 

この二つのデザイン、ステンドグラスを始めて、好きなもの作ってもいいよ、と言われて最初に手がけたもの。

当時と同じ型紙を使ったけれど、ガラス切ったりくっつけたりする技術は多少マシになっている、はず。

 

 

東京国立近代美術館「アジアにめざめたら」、横浜美術館「駒井哲郎」、三菱一号美術館「フィリップス・コレクション展」、行きたい展覧会が目白押し。「ボヘミアン・ラプソディ」も観たい。

特に美術作品は、この機会を逃すと一生実物を観られないかもしれない。(いや、海外の作品に至ってはほぼ間違いなく観られない)

限られた時間でどう動こうかしらね。

at 22:21, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

日曜日

娘たちは2人仲良くスイパラへ。

夫も仕事でいない今日は、わたしも一日フリーな気分で、知人の個展を見に市川へ。

‥実際フリーなのは気分だけで、家の中は大規模な配置替えの真っ只中。

やるべきこと&片付けるものはごまんとあったものの、お天気いいし、昼も夜も食事作らなくていいと言われたこともあって、浮かれる。ひゃっほい!(こんなことは滅多にない、ってか初めてかもしれない)

 

 

個展の会場になっていたギャラリーは、こぢんまりしていて、内装が壁も天井も真っ白、自然光がほどよく入る理想的な場所。

同じ教室の生徒さんである主催者Hさんは、ステンドグラスのほかに写真、パステルの作品も作られいて、展示はその集大成。

Hさんワールドがみっちりと展開されていて、素敵な空間だった。

 

 

 

 

 

 

 

そんな空間を目の当たりにしても、羨ましく感じたり刺激を受けたり、というのがないのが、今のわたしのダメダメなところなのかもしれない。

実際、Hさんの妹さんに「どんなものを作られてるんですか?」と聞かれたときに、言いよどんでしまったというか、返事に困った。「蕎麦のランプとか」

「ステンドグラスの電車とか」

Hさんと一緒に応えつつ、奇をてらった風に受け止められるかもしれないものばかりだな、と思った。(加えて、きれいなものもない)

強いて言えば、誰とも競合しようがないのが強みか。(そんな強みいらんて‥)

 

 

ギャラリーおいとましたのが遅かったので、駅までの途中にあったラーメン屋さんにとびこむ。

15時過ぎてるのにお客さんが切れなかった。

豚骨に煮干しがよく効いた、こくはあるけどしつこさはないスープ。

 

 

写真は云十年前、好きだったお店にかかっていた絵の一部。

片付けてたら写真が出てきた。

 

写真は1割ほどを残して今回捨ててしまった。

もっと早くこうすればよかった、という感じだけど、いつか後悔したりする?

at 22:40, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

遠別のラム

ふるさと納税で、北海道の遠別農業高校のラムセットを申し込んだ。

 

夏の終わりの番組を録画で一月以上遅れて観て、そのとき知ったラム。

希少だし買えないだろう、と思ったら、タイミングがうまく合ったみたいで注文することができた。

国産の羊肉ってわたしは食べるのは初めてかもしれない。ドキドキして届いたラムに臨んだ。

 

届いたのはロースとウデとモモと挽肉のセットで、挽肉は後日カレーにしようと決める。

 

あとの部位はジンギスカンでいただくことにする。

適度に脂身がついたロースはこっくりしていて、中では羊の風味が一番感じられた。これはムスメたちに好評だった。

ウデは弾力があって噛みごたえが楽しめる。

モモはしっとりと柔らかく、旨味が濃く、癖は少ないと感じた。わたしはこれが一番好きだった。

 

羊好き!と観た番組、買ったお肉だったけれど、遠別という町を初めて聞いて知ったこと、稀少な国産の羊だということ、高校生が手塩にかけて育てた羊の肉ということ‥いろんなストーリーがあるなあ、と思った。いただきながら、そんな背景に思いを馳せたり、話題にすることなんていつもはない。(以前も羊肉で納税したことはあるけれど、だ)

 

これがふるさと納税の醍醐味というか、本来あるべき形なんじゃないかとちょっと思った。

at 00:15, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

今日このごろ

とても気に入って買った折りたたみ傘の収納袋を使った初日に失くしてしまった。

ショックでショックでショックで。

ダメもとで、販売店(兼メーカー)に袋だけ売ってもらえないか問い合わせてみたら、サンプルの未使用のものが見つかったので無償で送ります、と返信をいただいた。

思いがけない申し出に申し訳ないやらありがたいやら。

次のものは絶対に失くさないようにしなくては。

元々大好きなお店で頻繁に利用させてもらっていたけれど、商品だけじゃなく会社としての姿勢に惚れ直しそう。

 

 

連休を利用して、家の模様替え、というよりももっと大掛かりな移動をしている。わたしの寝室と物置(要は夜のみ活用)としてしか機能していなかった部屋を娘に明け渡し、娘たちはそれぞれの個室を持つことになった。問題はわたしのモノの行き場だけど、これはおいおい考えるか。というわけで、今は居間の方にわたしのものが雑多に積まれている。さて、これどうしましょうね。収納以前にもうちょっと減らしたいけどなあ。

あれこれ移動していたら、少し前に買い直した「伝染るんです」全巻が夫の本棚から出てきた。てっきり一度手放してしまったと思っていたもの。2セットになったこれ、どうしましょうね。

 

 

カルディに行ったら、ポルトガルワインの種類が増えていた。

ひと通り飲んでみたいな、と思って、2本で割引になるというので2本買ってくる。

それこそ「伝染るんです」のハワイに憧れる某キャラクターのようだなポルトガルに憧れるわたしは、とちょっとおかしくなる。

いつか住んでみたいという気持ちは変わらず、でもそれを言うたびに夫に「ポルトガル語の勉強は?」と聞かれる。うーむ。

 

 

毎年楽しみにしている水なし牡蠣、パッケージが変わっていた。

いいような寂しいような。

 

 

ちなみにこれが前の。

今のは牡蠣ぺったんこに見えるね。(そんなことはなかったけど)

 

これは歯ざわりがプリプリを通り越してサクサクに近く感じられる。旨味も濃くて、牡蠣フライにしてもおいしい。

毎年の楽しみで、今回もウキウキと買ってきたものの、で、食べたらおいしいものの、そのあとがうっすら気持ち悪い。

昨年もそうだった。これはここの牡蠣に限らず、生は毎回。

体質に合わなくなってきてるんだろうか?

生牡蠣大好きだから、無理はしないで細く長くでも愉しみたいのだけど、今後どうなるのかな。

 

 

そういえば、これが再びやってきた。

 

‥あんバターの味するかなー?というのが正直なところ。

(触発されて本物のあんバター食べたくて仕方なくなる、なんてことが起こりえない分いいのかもしれん)

 

 

明日はムスメたち、スイーツパラダイスに行くそう。部屋が分かれたお祝いなんだとか。

ダイエット中の娘も明日ばかりは食べるらしい。

夕食はいらないと言われた。夫もいない。

自分だけが好きなものを考えて作ろうと思ってるけど、こんなこと普段ないからドキドキしてきた。

at 22:30, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

日帰り仙台

ちょっとした用事で1人で仙台を往復してきた。

今は早い新幹線だと一時間半で行けちゃうのね。びっくり。

 

仙台には学生時代に住んでいた。

今は叔父叔母が住んでいて、友だちもいて、でもなかなか行く機会はない。

久しぶりの今回は、その叔父叔母を訪ねて、友だちともつかの間会うことができた。

 

日帰りだからごく身軽で行ったのに、叔母が持たせてくれたお土産がとにかく多かった(重かった)。

大根を3本と言われてなんとか2本に減らした。

瓶詰めのものとかたくさんのきゅうりとか寝かせ玄米とか、破れないように二重にした紙袋にどっさりといろいろなものが入っていて、こういうのは昔から変わらないな、とおかしくなる。

「笹かまは送っておいたから。帰る頃には着いてるはず」

「コメも送っから」

「おいしいヨーグルト持たせるからちょっと買いに行こう」

「このおせんべいおいしいから持ってきな」

うん、昔とおんなじだ。

帰り道はずっしりとした紙袋を時折地面に置いては一息ついてヨイショっと持ち上げ直して歩く、休む、歩いてまた紙袋を地面に置いて‥の繰り返しだった。わたしは荷物が多いことを普段は厭わないけれど、この量にはちょっと参った。

 

 

叔母の名誉のためにつけ加えると、帰りの新幹線の直前、つい売店で増やしてしまったものもありまして。

えー、冷麺缶詰だよ!どうしよ、これ逃したら次はないかも、とね。

(仙台はもはや関係ない盛岡冷麺‥)

缶詰って重いよな。去年リスボンで懲りたのではなかったか?

 

 

 

友だちが持たせてくれたリーフパイ。手のひらくらいある!一説には、ここがリーフパイの元祖とか。

大きくて分厚いパイとパイの間にクリームが挟んである。ボリュームすごくて食べ応えがある。

これが箱にたくさん、ずらりと並んでいて、見ただけでテンションが上がった。

甘いものを控えている我が家の甘党ダイエット中が、これには飛びついた。

かーさん久しぶりにおやつ食べてるとこ見たなあ。

 

 

今回は叔父叔母の最寄駅まで電車で行って、仙台駅に戻り、そこで友だちにも会って、外には出なかった。

次の機会には街中も歩きたいもの。

at 00:07, peroperope, 日々のこと

-, -, - -