<< にちようび | main | どようび >>

きんようび

週明け、長女と”MANGA都市TOKYO”へ。

これはおもしろかった。構成がよかったな。
コミックや映画を改めて読んで&観てみたくなる。

 

展覧会グッズ売り場、というよりは、アニメグッズ集めてみました、という体の売店で手塚治虫手ぬぐいを買う。

手持ちの”ひしめき瓢箪”のアレンジ。

(もちろん展覧会にはあまり関係ない柄)

並べて気が済む。



お昼はだし好き長女の希望でふくぼくさんへ。
澄まし麺はいつもおいしい。


晩ご飯、残りのムール貝を使ってフレーグラ。
旨味ぎゅうぎゅう、二女と堪能しました。

 

 

 

火曜日、自由が丘に用事ができたので、ついでに行ってみたかったバゲットラビットへ。
念のため某マップにナビしてもらったら、思ってたのと違う方向に‥?
結局いつもの遠回りさせられるパターンだったけど、これが珍しく収穫いっぱい。
(そもそもバゲットラビットは知ってる道沿い、というより駅から一本じゃないか!)

結果、元々寄る予定だった和良を含めてパン屋さん4軒はしご。
今度入ってみたいお店もいくつか発見。
普段使わない道もおもしろいものだな。

バゲットラビットのブール、水平を保って持ち帰ろうと思うと緊張した。次はそのためのエコバッグを持って行こう。
夜にシチューと合わせた。これはおいしかったな。

 

 

 

併設のねこねこチーズケーキももちろん買う。

これもおいしかった!


満寿屋商店、都立大のお店より規模は小さいながら、立地は最高。

 

に志かわも4月にオープンしてたんだって。

 

そしていつもの和良の米粉のパン。二女の定番。


帰宅後、また某マップがやらかしてくれた!と話したら、

夫に「それはキミの某マップの移動手段がクルマに設定されてるのでは?」と言われる。

いろいろ腑に落ちる。わたしがやらかしていたということですな。

 

 

 

水曜日、安くなっていた天然鯛の切り身、おかずにするつもりで買ったけど、思いつきで鯛めしに。

こりゃあおいしかった。

家族からも好評で、翌日も残りを所望される。ふむ、たまにはいいかもしれないね。

炊き上がったら、皮を外して骨を取り除いて、身をほぐしながらざっくり混ぜる。

一尾で炊くよりハードルも低い。

 

元々白身魚が好きだけど、最近鯛のおいしさに開眼してきた気がする。

 

 

 

木曜日、神戸の夫父から恒例の銀寄が届く。

今年はサイズが小さいと事前に聞いていたけれど、十分に立派な栗。

毎年本当にありがたい、うれしい。(というより興奮します)

下処理して熟成させつつ食べていく。

 

 

 

金曜日、届いた銀寄でまずは栗ごはん。

熟成を待たずとも栗らしい風味とホクホク感は十分に味わえる。

おいしかった。

 

 

 

 

何年も前にかまわぬの夏のイベントで買った弁慶縞のてぬぐい。

子供浴衣のリップル地のような、凹凸のある加工がしてあって、その分縮んでいる。

もう一つは今年のイベントで買った泥染めの弁慶縞。

元々同じてぬぐいだったとは思えないほど表情が違う。

 

オリジナルも欲しいな、とずっと思いながら、亜種ばかりが手元にあるのでした。

 

 

 

 

at 22:10, peroperope, 日々のこと

-, -, - -