<< すいようび | main | どようび >>

もくようび

某日、夕食はたくさんの唐揚げに決めた。

味をつけて粉をまぶして油に投入のあたりで二女がキッチンに入ってきた。

「揚げる?」と聞いたら

「ちょうどいいところに来ちゃったな」と言いながら、コンロ前を代わってくれた。

時折跳ねる油にひゃーひゃー言いながらも、きっちり二度揚げまで。

盛り付けしたところで長女が部屋から出てきた。

「おっ、ちょうどいいところに来ちゃったな」と言いながら。

ちょうどのタイミングが違うのね。これは僅差なのか大差なのか。おかしいな。

 

 

 

久しぶりのあひろ屋さんは宿木。

ほかの色も素敵だった。

 

 

 

 

宮本のBlood-type全4柄からtypeAを。

 

 

 

 

色の重なりが美しいシリーズ。

わたしはA型だけど、そうじゃなくてもこの柄を選んだかも。

 

 

 

石焼ビビンバ。

夕方早い時間からゆっくりナムル5種、ユッケ、タテギを作りました。

食べるときにわかめスープとキムチも添えてね。

 

 

焼き上がりに全体を混ぜることで、ユッケには適度に火が入ります。

at 22:08, peroperope, てぬぐい

-, -, - -