<< ミモザ | main | きんようび >>

もくようび

ミモザを買ったものの、お店の人が言うようには咲かなかった。

ホコホコした感じににならずに止まった感じ?

花瓶の水を捨てても状態は変わらず‥ってもうドライじゃないかこれ。

調べてみたら、ミモザは吸水が難しいみたい。水切りしたり、枝の根元を縦に切ったりしてみても。そういえばざっくり水切りしかしなかったしなあ。

今日は咲き切ったと思われる状態のミニブーケを買ってみた。

あまりホコホコしてるのも好みじゃないないなあ、とか思うところはいろいろあったり。

おそらく、友だちが最初にくれたミモザのリースが完全には咲き切ってなくて、その状態を好きだと思っちゃったんだな。

今でもそれは変わらない。咲き加減も好みというか難しいというお話。

 

 

家にあるもので焼きペンネアラビアータ。
足りなくて全粒粉のフッジリも足した。

これはとてもおいしくできた。

 

 

 

昨日は二女の楽器を見に、一緒に御茶ノ水の楽器屋さんへ。

思いがけず、すぐに買うものが決まる。タイミングとお店の方の薦め方が良かった。

(思いがけず、というのは、前回も前々回も、なかなか決まらなくて二女のテンションがぐんぐん落ちていったから)

それでも楽器屋さんは何軒か歩いたし、時間もそれなりに要した。

(「いいのなかったらこのあと池袋行こうかー」とは話していたけど、あとで思えば体力的に厳しかったな)

全てが終わったところでロッテリアでちょっと休憩。

チキンの塩気がうんとしみた。

 

 

台湾で買った缶詰を開けた。麺筋、というのかな?

旅行したときに食べた定食風の一品がこれと大豆と根菜を炊き合わせたものだった。

甘辛く煮た麩のようなもので、なじみのあるおいしさ。

味のイメージはいなり寿司のお揚げさんみたいな感じ?でももっとフワフワと柔らかい。

「台湾 麩 油揚げ」で検索してみたら、引っかかったのが”麺筋”。

原材料はグルテン。サイトによっては湯葉とも表現されていた。

 

大きなスーパーマーケットで「麺筋」と尋ねて、示されたのがこの缶詰。

開けてみたら常温でもやはりホワホワしていておいしい。このままうどんにのっけたい。

 

もう一つ、瓶詰めのものも買ってきた。こちらは大豆入り。

缶も瓶も長く持つ。お土産にもいいと思うんだけどな。

 

 

 

咲かないミモザと咲き切ったミモザ。

花のシルエットがもう全然違うんだよね。

at 22:47, peroperope, 日々のこと

-, -, - -