<< サイン会へ | main | 蕎麦かりんとう >>

備える

「あれ、珍しくお元気そうですがどうしました?」

診察室入った第一声がそれってどうなんでしょう。

 

花粉症の薬をいただきにかかりつけの病院に行った。

持病(膠原病の一種)以外の日常的な不調(まあ主に風邪とか)でお世話になっている。

確かに元気なときにかかったことはない。(病院行く理由ないしな)

 

「花粉症の薬が欲しいんです」

「あれ、花粉症なんでしたっけ?初耳だなあ」

「今まで耳鼻科でお薬いただいてたんですけど、こちらでもいいかなって」

「いいですけどね、膠原病お持ちの方って花粉症になりにくいって言われてるんですよね」

じゃあ、と、ずっと前のアレルギー検査のデータを見ていただいた。

 

「……」

「どの項目も数値振り切っちゃってるんですね」

「あー、これは…ひどい」

 

や、実際そこまでじゃないですけど、ワタシ一通り反応するみたいですね、なんて話して、無事今期の薬をいただくことができた。

「まあ、お元気そうで何よりです」

と送り出された。

 

へんなの。

at 23:39, peroperope, 日々のこと

-, -, - -