<< エルダーフラワーのコーディアルシロップ、ほか | main | 亀十のどら焼 >>

「まゆみの味」

西宮の洋菓子の老舗、ツマガリさんのレーズンサンド「まゆみの味」が、数量&期間限定で売られていることを知ってお取り寄せ。

 

 

何度も書いていることだけど、ワタクシ、レーズンサンドが大好きなんである。

それでもそんなしょっちゅうは食べない。あの甘さ、ボリューム、そしてカロリーを考えると、一箱(だいたい6〜10個入りくらい?これを長女と半分こする)あるうちは喜んで食べるものの、なくなると次まではだいぶ空く。1年くらい空くことだってある。

その分か、好きなレーズンサンド、初めてのレーズンサンドを買うときはためらいがない。

今回もそうだった。

 

 

これまでに、夫姉から何度かツマガリさんの焼き菓子をいただいている。そのどれもがとてもおいしかった。

商品ページには「サクッと心地よいソフトクッキーの間に、とってもミルキーなバタークリーム!ひんやりと冷やして固まったクリームが、お口のなかでとろけていくのも夏の楽しみ。ラム酒をふくんだ大粒レーズンと相性バツグンです」との説明が。(ごめんなさい、ここ丸写しです)

こりゃあ期待が膨らむではありませんか。

 

 

右がレーズンサンドの箱。(左はほかの焼き菓子ですの)

「イタリア・ロッシ社のペーパーを使用。フィレンツェの伝統技術を生かしたデザインです」と、これもHPからの情報です。

箱だけでも商品になりそうな美しさ。

 

 

これが6個入っている。

密封されていること、ちゃんとクール便で届けられたことで、クッキーは香り高いままサックサクだった。

(レーズンサンドはクリームがゆるむことでクッキーが湿気ることがたびたびありまして、あれはなかなか悲しいものです。だいたい自分で持ち運んでる最中に起こります)

今まで食べた中では、このクッキーは一番だと思った。

大粒のレーズンと、しっかり甘いつめたいクリームとの相性がなんとも言えず、最初の一口を食べた長女と目を瞠り合ってしまった。

長女と半分こするから、わたしはあと2個!

 

 

at 20:20, peroperope, レーズンサンド

-, -, - -