ねこのお留守番

我が家のねこ、つぶは、今のところ甘えん坊の寂しがり屋。

子猫だからか。

そういう性格なのか。

お留守番ってどうなんだろう?悲しいかな。ひたすら寝ているとか。案外のびのびしてるかな。いたずらし放題かも。

外出する時間を少しずつ延ばしながら様子を見てきた。

 

最初の頃は玄関を入るとか細いミャアミャア鳴く声に胸がきゅううううっとした。

居間のドアにはめてあるガラスから、小さなつぶが座っているのが見えた。

ごめんね、置いて出かけて。

そのあとはなるべく構うようにしていた。

 

そのうち、ドアの前に座っているつぶはニャー!ニャー!と抗議のような、自分の存在をアピールするような声をあげるようになった。(それもまだか細いんだけど)

ごめんごめん、ただいま、と入って行くと、足元に擦り寄ってくる。

寂しかったね、と抱き上げて、甘えさせる時間を取っていた。

 

少し経つと、ドアの前に座っているつぶは眠そう。玄関開く音で走ってきて、今お座りしましたね?ってな雰囲気。

はいはい、と抱き上げると、するりと床に降りて、あくびしたり、伸びをしながらわたしに沿って歩く。

明らかに寝起きのルーティーンじゃないか。

 

昨日は、ドアの前に姿がなく、つぶー?と言いながら入って行ったら、すっ飛んできて、何事もなかったかのように擦り寄ってきた。

わたしの足にスリスリしながら、やはり身体のあちこち伸ばしている。前脚、後ろ脚、背中をぎゅううううっと。

あなた寝てましたね。

台所に立てておいた取り箸に複数の歯型がついていて先が折れていた。

こんなことしてるのかー‥やれやれ。

 

今日は、わたしより先に長女が帰宅した。

つぶどうだった?と聞いたら、部屋入ったらソファで寝こけてたよ、と。

熟睡してたって音には反応するだろうから、単純に留守番に慣れたんだろうか。

わたしじゃないから?(ま、それはなかろう)

もう平気なんだろうか。だといいなあ。

というか、わたしが家を出るときもその位置で寝てたよ。もしかしてずっと寝てたんかい。

 

 

猫を飼ってる知人の方には「子猫がいるとなかなか出かけられなくなるよー、かわいくって、お見送りされると辛くって」と聞かされていた。

うん、確かに出かけづらい。

「で、今はどうなんですか?」

「お見送りに出て来やしないし、1泊くらいだったら置いて旅行も平気」

ほう。

ちなみに、彼女は預けるよりは、慣れている家にごはんを多めに置いて出かけちゃうそうだ。

「そのほうがネコちゃんに負担が少ないの」って。

うちはどうなるかなー。

 

 

 

出かけるときは、置いて行くのが忍びなく感じられることもあって、振り向かず一気に外に出てしまうようにしている。

忘れ物はしにくいなあ、といつも思う。

(これもそのうち平気になるんろうけど)

at 16:38, peroperope, ねこ

-, -, - -

淡々と猫の画像など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンモック気に入ったようでなによりでした。

 

at 22:05, peroperope, ねこ

-, -, - -

もくようび

今日明日の仕事が急に休みになって、なんとなく開放感♪

しかし週明けから怠いんだなあ、何をする気も起きなくて、結局いつも通りに過ごしている。

教室も今週は休んでしまった。

夏バテみたいなものでしょうか。

 

 

 

今年も叔母から大きなスイカが届いた。
スイカ好きなムスメが歓喜してる。
右の端っこにちょっぴり参加してる子が🐾
好奇心旺盛だけど、出してみたスイカは食べなかった。

 

 

 

買い置きがなくなり、でもこれのためだけに電車に乗るのもな、と、ほかのキッチンスポンジで凌いできたけれど、どうにも我慢できなくなって自由が丘へ。

(もう一色のレッド、というより濃いピンクのものは田園調布に取り扱ってるお店があるけど、この緑がキッチンに置ける限界)

汚れがたまりにくい、水切れがよい、へたりにくくて長持ちする。

最初はパッケージデザインと商品名がおもしろくて買ったけど、今や手放せなくなっている。

 

 

 

月1で塩ラーメン食べる計画も、コロナ以降は頓挫している。

先週、教室のあとに家の近所まで戻ってきて食べた塩そば、久しぶりで妙にしみた。

ここの塩そばのスープは野菜の味なのかな、甘みがあって優しい。

 

 

 

ちょっと前に夫と食べたすだちそば。

去年は難儀しながらすだちをひたすら輪切りにしたけれど、今年は切るのが難しいところは果汁絞るのに使うと割り切ったら楽だった。

果汁はつゆに入れて、よりさっぱりと。

もみじおろしを添えたらかなりいい感じ。

 

 

 

昨日、夫が初めてのオンライン飲み会というのに参加した。

せっかくだから、居酒屋さんみたいにしたらおもしろいかな、と、家でできるものをメニュー風に書いて置いておいた。

(ちなみに裏面はドリンクメニューになっている)

5品オーダー入りました。

で、オフラインになってからお茶漬け締め。

 

 

 

寝相コレクション。

毎日微笑ましく楽しい。

 

 

 

そんな写真ばかり撮るな!

(変な座り方だね)

 

 

 

へんな空だなあ、と思ったら、このあとばらばらと降ってきた。

夏ですね。

 

 

 

at 22:33, peroperope, ねこ

-, -, - -

うちのねこ

じーっとね。

 

日に何度か、こんなふうに挑まれる。

このあと飛びかかってくる。結構な勢いで。

噛むでも引っ掻くでもなく、ガーッとじゃれて、また同じ位置につく。繰り返し。

わたし?同じ姿勢で迎え撃ちますとも。

 

今日は新バージョン。

顔半分に変わりはない。

でもさ、引き出しの奥から出てきませんか?

 

 

年に2度ほど洗っても良いでしょう、のような記載を猫本に見て、今日シャンプーを試みた。

メインは二女、わたしはサブで。

嫌がるだろうなあ、とは思っていたけど甘かった。大騒ぎ、大暴れして、こちらは傷だらけ。

一度目で尻尾だけ濡らして、二度目背中に少しお湯をかけたところで逃げられて諦めた。

もう二度と洗おうなんて考えまい、と思うくらいかわいそうになっちゃった。ごめんね。

嫌がるというよりパニックに近かったかな。

ドライシャンプーに切り替えましょうね。

 

 

痛手が大きかったのか、その後はしばらく隠れたりしょんぼり風だったけど、寝ているうちに伸びやかになってきた。

最高伸び率記録したんじゃない?

もう大丈夫かな。

 

今?夫のパソコンのキーボード上で寝ております。

このあときっともうひと暴れだね。

at 21:51, peroperope, ねこ

-, -, - -

ねこが来た

18日の土曜日、兼ねてから譲渡が決まっていた猫が来た。

娘が入院したことで、譲っていただく日を延期させていただいていた。

 

 

15時過ぎ、猫の保護活動している団体の方がケージに入れて連れて来てくださった。

三ヶ月のキジトラの男の子。

「かわいいよ、賢い子ですよ」と事前に伺っていた。

なんと小さい!縞模様がきれい。声がまだまだか細い。すっごい元気。

最初の1週間はレポートを送りながらのトライアル。

 

 

やって来た日は家中を縦横無尽に飛び跳ね駆け回り、あちこち探索を終えてからは、ひたすら寝ていた。

届けてくださった方の「落ち着かないときはケージに布をかけてあげてください」というアドバイスも功を奏していたと思う。

「最初は鳴くかもしれません」と聞いていたけれど、すんなり、まとまった時間を寝てくれた。

知人が「しばらく寝れないね」と笑っていたのはなんだったんだろう、ってくらい。

 

 

 

翌朝は早く起こされた。ミャアミャア鳴くから、ケージから出して二度寝を貪っていたら、夫とわたしの間で眠り始めた。

お、少し慣れてくれた?

気づいたらわたしのお腹の上に移動していた。(柔らかいからか)

これはたまらないかわいさだった、が、これは二女の猫。少し背徳感が芽生えるわね。

この日は前日よりも落ち着きが見えた。

名前は「つぶ」に決まった。

 

少し慣れた分一日はしゃいで過ごしたからか、懐いてくれた分寂しくなっちゃったのか、夜はミャアミャア言いながらケージから出ようとする。布をかけてもガタガタ暴れ、時折手か脚かがケージから飛び出す。ずっと鳴きっぱなしだったので、ケージから出してソファで添い寝し、寝かけたところでケージに戻した。

これが続いたら確かに寝不足になるかもしれない。

(ちなみに猫本によれば、仰向け寝するのは気を許してくれているということらしいです、がこの寝相‥笑)

 

 

三日目、また早朝にミャアミャア鳴くのをケージから出す。猫って早起きなのね。

二度寝を決め込んだら、しばらくわたしの手を甘噛みし、髪の毛で遊びながらそのまま枕で寝てしまう。人恋しいのかね。その後、朝食の支度をするキッチンになんども侵入してくるから、エイっと寝ている二女の部屋に放り込んだ。

ほどなくして二女が満面の笑みを浮かべて起きてきた。「つぶ、わたしのこと大好きみたい」

「あーよかったねー」と返しながら、やはりわたしとの蜜月には触れないでおこうと思う。

 

大変だったのは、家族がみんな出かけて行って、つぶと二人(二人?)になってから。

狭い暗い(しかもあまりきれいじゃない)ところに走って入り込む。なんとかおびき出してケージに入れると暴れて鳴く。はいはい、と出すとまた一目散に同じところへ。繰り返し。これじゃ何もできない、とケージに布をかけた。それまでよりも広範囲を覆うことのできる、多少遮光性のあるものを。そうしたらピタリと鳴きやんだ。よっしゃ今だ!と身支度をして買い物へ。

小一時間ほどで戻って、布を外してみたら、すっかり落ち着いた様子のつぶ。ケージの扉を開けても出てこないでウトウト、まったりしたままさらに一時間。お昼のカリカリをお皿にあける音でようやくケージから出てきた。そこからは憑き物が落ちたように落ち着いているし、隙あらば寝ている。昨日は昨日でまだ緊張や興奮していたのかもしれないな、と思う。疲れたよね。わたしも疲れたよ。

 

しかし布の効果は抜群だな〜

 

 

犬派か猫派かを聞かれると、今までは「犬だけど猫も嫌いじゃない」と答えていた。

今は、たった二日にしてだけど、どっち派なんてそもそもないんだな、と思う。単純でしょ。

 

 

 

さっき、つぶにお昼の餌を与えてからソファで寝て、気づいたら横に入り込んでいた。熟睡。

キミまだここ来て二日未満だよね?

寝ながらのびーっと。

かあさん右手動かせません。

(そして娘にも言えません)

at 13:46, peroperope, ねこ

-, -, - -