きょうの一曲

a-ha

"Take on Me"

 

1986年グラミー賞獲ったときの。

 

当時ビデオで何度も繰り返し観た映像。

今はネットで見られて本当に便利だな。

 

-------------------------------------------------------------------

 

a-haの日本公演がどうなるかとドキドキしていたけれど、今日延期が正式に発表された。

わたしは10日の東京ドーム公演に行く予定だった。

 

正直、何年も遠ざかっていたし(a-haというよりも洋楽自体から)、チケット取った頃は懐かしい、せっかくだし見ておきたい、くらいの割に軽い気持ちだった。

新型コロナが流行りはじめていろいろな催しが延期・中止になりはじめた頃は、わたしも行ってる場合じゃないよなー、とちょっぴり他人ごとだった。

でも、ライブの日が近づくにつれ、そして流行拡大が伝えられるにつれ、どうしても行きたい、と気持ちが募ってきた。これには自分でもびっくりした。家族は止めこそしなかったけどもちろん難色を示したし(まあ多分逆の立場だったら猛反対してる)、行くことでウイルスを家に持ち込む可能性は否めない。納得する自分がいた。反面で、どうやったら行けるだろう?ともずっと考えていた。だってファーストアルバムのツアーなんてきっともうない。この一週間くらいはずっと堂々巡りだった。

 

一緒に行く予定の妹からのライン「ファーストアルバムは青春だもんね」。

そっか、そうなんだよなー。

聴くとちょっぴりあの頃に戻る。

at 23:09, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

ジェニーハイ

グータラ節

 

グータラ女子に優しい曲。

 

すでにもう女子じゃないけどなー。

ええ、立派なおばさん👍

 

どうしてこんな歌詞が書けるんだろ?

 

 

余談。

ジェニーハイのライブは再現性が高かった、というと順番逆になっちゃうけど、生でも本当に上手だった。

そうじゃないライブも少なからずあるってことですね。

 

 

at 23:30, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

奥田民生(ユニコーン)

雪が降る街

 

クリスマスとお正月の、この忙しい(せわしい)時期、短い間の曲かな。

 

今日が誕生日、47歳になりました。

 

いつもワタシの曲だ、押し迫った時期に生まれたもんだわ、と思う。

 

at 22:31, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

George Winston

"Carol of the Bells"

 

ハンドベルの演奏でこの曲を聴いた。

知ってる!聴いたことがある。

‥なんだっけ?

 

中学生のころ、個人指導でお世話になった先生が卒業祝いにくれたGeorge WinstonのCDに入っていたのだった。

楽器が違うと印象がかなり変わるものだな。

at 23:54, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

ジェニーハイ 

"不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)"

at 23:46, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲も

Penguin Cafe Orchestra

"Perpetuum Mobile"

 

若い頃に好きだった雑貨屋さんはここからお店の名前をつけていたと記憶する。

そんなきっかけでCDを買って、今でも時々無性に聴きたくなるんだ。

at 19:54, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

Penguin Cafe Orchestra

"Music For A Found Harmonium"

at 23:20, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

Terence Trent D'Arby

"Let Her Down Easy"


ふっと思い浮かんだ。

at 23:03, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

Dead or Alive

"Turn around and Count 2 Ten"

 

高2くらいのときにやたらと聴いた曲。

あの頃は触れる洋楽、全てかっこよかった。

at 17:52, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -

きょうの一曲

The Bangles

"Walk Like an Egyptian"

at 23:51, peroperope, きょうの一曲

-, -, - -