16年目の浄水器

結婚するタイミングでいただいたから、もう16年になる浄水器が壊れた。

水が出る金属のノズルが根元から取れたというか、折れたというのか。

「腐食だね」と夫。

代わりのものを探すものの、浄水器はピンキリで、設置(取り付け)方法もいくつかある。

フィルター性能やコストまで考えると、見れば見るほどわからなくなってくる。選べない。

 

水の美味しさ一点に限って言えば今までと同じものがいい。

見てみたら高い‥

値引き販売しているところがわずかにあったけど、それでも高い。

妥協するしかないかー‥

 

折れた金属なんて直らないよな、と思いながらダメもとで「○○○(商品名)、修理」で検索してみた。

最初に出てきたのが、同じような破損例のページ。

10〜15年で同じところが同じように壊れているケースも多い。

そしてこんなふうに直りますよ、と続く。

おおおー!よく見れば、輸入元の関連会社のサイトだった。

直るの?これが??

修理費用も許容範囲。いやあ、とっとと捨てなくてよかった。

本体(フィルタータンクみたいな部分)がしっかりしたステンレスなので、ほんと、部品さえ換えられればいけるんだよなあ、とも思っていただけに、これはうれしいサービス。

 

折れたノズルは材質が変わっているそうで、今度はその部分もステンレス。

製品寿命が延びたと記載があった。

ついでに劣化したパッキンやホースなどの消耗部品の交換も依頼。

あれこれ交換するついでにピカピカにもしてくれるそう。

いいことづくめじゃないですか。

 

こんなアフターサービスがあることを思えば、決して高くない買い物だろうな、と思う。

(16年酷使してるし、そもそもいただきものだし、既に十分すぎるのですが)

この先も気持ちよく使って行くことができそう。

 

ちなみに、浄水器を外してからも癖でついコックを「浄水」に切り替えて水を出してしまい、ホースの付いていない横穴から勢いよく水を撒き散らすこと数回。

そのたびに雑巾がけ。頭でわかっていても、手が先に動いている感じだった。

16年分刷り込まれてればそうなるか。

 

ま、こういうのは浄水器に限らないのですけれど。

もう新しいものに合わせて自分を切り替えるのが難しくなってきたことを痛感するこのごろ。

 

 

※ちなみに、浄水器を送ってから最短48時間で送り返してくれるという早さ!素晴らしい。助かる、ってか、確かにないと困る‥。

at 19:39, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

ワタシを太らせるものとは

少し前に太る要因のわかる遺伝子検査をしてみた。その結果が届いた。

 

ざっくり言えば「何を食べても太る」ってことですねー、って内容だった。

最後に「でも中では特に○○の摂りすぎには気をつけましょう」みたいな。

身内と同じとこのかどうかはわからんが、結局似たような結果)


ほくほくと申し込んで肩透かし食らったような。

気をつけるものの幅が広すぎて肝に銘じるのが難しそうだな。

「遺伝子検査」という、なんとなく物々しい感じに、もうちょっと物々しい結果を期待しちゃってたということ。

 

結局、偏りなく満遍なく、食べすぎることなく、というところに尽きるのだと思った。

at 22:58, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

猫三連発

夫からの滋賀のおみやげ、ひこにゃんのチロルチョコ。

ムスメたちとワタシにそれぞれ1つずつ。

これだけゆるキャラが増えた今見ても、よくできているキャラクターだな、と思う。

 

 

やっと当てたカプセルトイのミッセは、ほかのキャラクター(ミッセ当たるまでにせっせと買ったやつね)と並べて置いてある。

気づいたら、夫のミッセキーホルダーもすました顔で隣にいた。なかなかやりおる。

ちなみにリサ・ラーソンフィギュア、ネコの割合が高い。

今回並べてみて気づいた。(遅いわ!)

 

 

少しずつ我が家に増えている漫画「猫ピッチャー」。

主に夫用。(増やしているのはワタシ)

これを見たムスメが「これ、Sおばちゃん(夫姉)に借りて読んだことある!」

確かにこのゆるさはS姉さん好きそうだ。

というか、姉弟で同じの好きなんだな。なんだかおかしい。

at 15:34, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

今年のバレンタインデー

ムスメに所望されていた縁グリーンのミラー完成。

ハンダはそこそこきれいにできた。

けれど、そもそものガラスカットがガタガタだった。

シンプルなものほどそういうのがはっきり見えて難しい、と思う。

ついでに、やっとミッセ!

 

この前に作った小さなピアスやこんな簡単なミラーのように、よいガラスの端材をこういう形で活かせることがうれしい。

または、拾ったガラスを形にしてみるとか。

(そういう方が性に合っているような気もする)

 

 

 

今年のバレンタインは、ちょいと趣向を変えてパフェを作ってみた。

いろいろ考えてみたけれど、結局ひねらない、ベーシックなパフェに落ち着いた。

作ってても食べても楽しかった。

 

 

パフェ作ろう!と決めてから、いろいろ器を見て歩いた。

いわゆるパフェグラス(脚つきの背の高いもの)を買うことも考えたけれど、出番の少なさや使い回しできるのかを考えると現実的じゃなかった。樹脂で似たようなものを探しても容量が小さいものしか見つけられず、100均のストンとしたプラコップで妥協した。

しかしパッケージで丈夫さを謳っていたそれは、持っただけでヒビ割れてしまった。ふり出しに戻る。これが今朝のこと。

 

同じプラコップを買うことも考えながら出かけた先で、トールタイプのピカルディを見て、こっちの方がいいなーと思った。

‥でも今日1回のためにこれ買う?収納するスペースある??またグラス増やすってか???

自分に突っ込んで一度はあきらめたものの、その後に入った雑貨屋さんの閉店セールで同じグラスが4つ、安くなっていた。

‥これは買えってことでしょ。しかもちょうど4つ!夏にはこれでクリームソーダもいいな‥。

いろいろ理由づけしつつほぼ即決で。

やー、いいお買い物ができました。

 

ピカルディは様になりやすい、ほんと優秀♪と思いながら、初めてのパフェ作りは終了。

 

おうちパフェ、手軽でありだなーと思いましたよ。

夫も喜んでたし。

at 23:15, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

増えゆく風呂敷とカプセルトイ

たまには友だちにちょっとした手紙を送ろうと、便箋に書き出した。

一行目「こんにちは」

これがぱっと見、読めなかった。流れで二行目に移ろうとしたところで手が止まった。

乱視かー、とメガネをかけてもイマイチで、老眼のほうかー、とメガネを替えて、なんとか。

じーっと見れば読めるんだけど、さっと読み取ることが難しかった。

ショックなものだな。

 

 

リサ・ラーソンのカプセルトイ第二弾のミッセが欲しいだけなのに、ミッセだけ当たらない。

集める気なんて全くなかったのに集まってしまった。

うーん。

 

 

かまわぬのおいしい風呂敷。

ウインナーかわいい、とムスメに言われて代官山のかまわぬに行ったものの、店頭になかった。

売り切れ?と思って尋ねてみたら、ウインナー柄は直営店では取り扱いがないそう。

「ほかにもそういう柄ってあるんですか?」と聞いたところ、昨秋の目玉焼きとパスタ(ファルファッレ)がそうだった。

確かにその2柄は伊東屋で買ったわ!

そんなチャネル分けがされているなんて知らなんだ。

アボカド、とうもろこし、ウインナー、たけのこ、しいたけ

 

その後に寄った雑貨屋さんに、確かにウインナー柄ありました。

(で、ついでにまたカプセルトイも買ってしまったというね)

このおいしい風呂敷シリーズ、色柄がいいだけじゃなく薄手で包みやすい。

包んだところがまた愛らしくてついつい増やしてしまう。

それまであった小風呂敷の出番がかっさらわれております。

まあでも先々のことを考えると、そろそろ増やすのも打ち止めかなーとも思ったり。

at 22:02, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

衝動買い

絆創膏を買いに行った先で衝動買い。

 

BIRDS'WORDS Fairが開催されていて、額なしのシルクスクリーンを。

家にあるフレームにちょうどいいのがありますように!と祈りながら帰宅、ちょうどぴったりのがあってホッとする。

(一度帰ってサイズを確認するとか、今になればもうちょっと考えようよって気はする)

 

 

同じお店でリサ・ラーソンのカプセルトイ第2弾も。

ずっと欲しくて、そのうち直営店に行かなくちゃ、と思っていたもの。

 

 

MISSE狙いだったけれど、中から出てきたのはGIRL'S POWER。

作品展で観て、おもしろいな、すてきだな、と感じたもの。

これはこれで当たりだったな。

 

3つめ。やっぱりミッセも欲しい‥

 

第1弾は、重さや振った感じでなんとなく当たりをつけたりできたけれど(でもまあ、いらないのは回避できるかな、って程度で、欲しいのが当たった訳ではないんだけど)、第2弾は中でプチプチに包まれていて、重さもわからないし振っても揺れない。

当たり前ですが、当たるまで地道に買うしかなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

at 13:46, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

しゅうまつ

あるところから、あるときに払い込んだお金の余剰分が戻ってきた。

封筒に入れられた硬貨5枚、ご丁寧にセロハンテープでまっすぐくっつけてあった。

わたしはこういうの初めて見たんだけど、普通なんだろうか。

対象者は数十人いるはずで、めんどくさかっただろうに、とまず思ったが、数えやすい&失くしにくいことを考えると、間違いが少ない、ある意味逆に効率が良い方法ということなのか。

 

 

体が重い。

当たり前だ、重くなるような要因しか思い浮かばない。

玄米もごま塩も甘酒もまだあるなあ、となんとなく思う。今度こそデトックスできるかしら?

玄米をひたすら食べるのって、暑い時期より今の方がまだマシな気もしている。

バレンタインデーが過ぎたらしばらく予定もないしな。ふむ。

 

 

テレビで、来週くらいから杉の花粉が飛ぶでしょう、という予報を見た。

もう何かは飛んでいる気がする。

わたしはスギ花粉以外の花粉も(アレルゲン検査で調べた範囲のものは)全滅だったので、何かが飛んでいれば調子が悪くなる。

鼻水が止まらなくてですね‥参りました。

早めに病院いこう。

at 22:27, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

充電日

今日はもともと公開中の「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」を観に出かけるつもりでいた。

そこへ午前中に友だちとマリメッコの展示を観に行くことが決まり、映画はそのあとに行くことにした。

 

というわけで、まずは東陽町へ。「マリメッコの暮らしぶり」というテーマで、北欧式のサウナと和風の茶室が設えてあった。それぞれ靴を脱いで中に入る体験型の展示。マリメッコのファブリックやグッズはどちらの雰囲気にもしっくりと合って見え、新鮮かつ落ち着く空間ができあがっていた。

 

 

 

 

 

 

 

お昼は門前仲町の支那そば晴弘で、友だちおすすめの海老ワンタンそば塩味を。わたしはパクチー抜きで。美味しかった!

 

 

目の保養して、いっぱい喋って、お腹も満たされて、大満足のうちに次の目的地、有楽町の映画館へ1人移動。

 

 

ヒューマントラストシネマは小ぢんまりした劇場だった。

朝にネットで見たときには空席の方が多かったのだけれど、せっかくだから良い場所で、くらいの気持ちで席を押さえておいた。

行ってみれば満席で、予約しておいて本当によかったと思った。

今日はサービスデーで少し安く観られる日だったよう。その影響もあったのかな。


とてもとても美しいドキュメンタリーだった。

 

もう少し着るもので自分を表現してもいいのだろうな、あんな風に何かをまとってみたいな、と思った。

(実際にそうできるかどうかは別としても、だ)

 

多分着るものにはそれほどこだわりがない。

わたしの場合は、着てしまえば脱ぐまで身なりを気にせずにいられる、というラインだけで服を買ったり着たりしている。

好きなものは確固としてあるけれど、流行は関係なくて、むしろ保守的だと思う。「これでいいかな」と思ったものは、2、3枚同じものを、あるいは色違いでまとめ買いしたりする。この「これでいい」の範囲はすごく狭い。一生同じようなものをローテーションしてもいいくらいだけど、さすがに年はとる分多少変えていく必要があるのかな、とも思う。

 

そんな怠惰で意固地でめんどくさい思考がちょっぴり変わるきっかけになるかもしれない、そんな映画でした。

(実際にそうできるかどうかは別としても、だ)

 

 

門前仲町では、ランチしたお店近くの北野エースでお買い物もした。

「少しだけ入荷するパンがおいしいの」と友だちが言うので家へのおみやげに。

彼女がおいしいと言うものはまず間違いがないからね、食べるの楽しみ。

 

調べてみたら、江東区の「コトリパン」というパン屋さんのものでした。

だからコトリ柄?(ヒヨコかしら??)

 

 

わたしが好きな(でも高くてなかなか手が出ない)チーズクラッカーがちょうどセールで半額以下に。

ほくほくとこれも買う。

案外素朴というか、余計な味がしないところがお気に入り。

at 23:28, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

試行錯誤というか迷走中というか

試作。まだ身につけられるレベルじゃない。

右のはシーグラス、あとは全てアンティークの端材で。

無鉛ハンダ難し‥。

 

 

 

 

午後はムスメに所望された縁グリーンのミラーに着手。

これ来週仕上げたらケイムのパネル制作に戻る。

けど、多分ケイムすっかり忘れてる涙ハート

 

 

 

太巻きの具の残りを混ぜたお寿司。

これが節分の後の毎年の楽しみ。

今日のお弁当だった。おいしかった。

 

 

ステンドグラスのピアスの1つができたところで先生と他の生徒さんがなんとなく、ワラワラと集まってきた。

試着する人あり、「売れば?」という人あり、「わたしも作ってみようかな」という感じの人も(本気というよりはごく軽い感じで)。

そんな中、ざっくりと原価計算。

ピアスの部品はいくら?

いいガラス使ってもこのサイズならこれくらいで済むよね。

じゃあ〇円くらいでできちゃうの?

それを○千円で売っちゃえば!(えええ?!)

みたいな。

もちろんクオリティーはまだまだだし、売る予定もつもりもない。

それでもやり方によっては化けるものなんだろうな。

 

ちなみに、今日できあがった3つのピアス、1つとして着けて出歩けるものはなさそうです。

悪しからず。

 

今のところは、色々試してみたい、その一心かな。

コツコツ制作というよりは好奇心であっちこっち、という感じ。

作って気が済むものもあるし、突き詰めたくなるものもある。

アクセサリーは合間合間に端材でちょこちょこ作り進めて上達をはかりたい気はしている。

at 23:34, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

イチゴ、酒粕クラッカー、ランチ

小ぶりのイチゴが安かった。

偏った(それも見た目だけの)嗜好でいえば、大きなイチゴが好きじゃない。まず買わない。一口で容易にぱくりと食べられるくらいのがベスト且つわたしの限界だ。

小ぶりのものは、ジャムにする楽しみもあるし、そのまま食べるにもキュッと酸味がある印象で、見るとついつい買ってしまう。規格外だと存外に安かったりするから、値段によっては何パックか買って一度に煮る。そんな中から、幾分大きめのものはムスメが横からつまんだりする。それもまた一興。

今はまだシーズン真っ盛りであることも考えて、とりあえず1パックだけを。

 

 

久しぶりに酒粕クラッカーを作った。

なんで作らなくなったんだっけ?と思いながら焼いて、冷めたのを食べてみて思い出した。

‥これ、あるとついつい食べちゃうやつだ!

軽い食感と後引く風味とでなんとなくつまむと、お腹が膨れてしかもなかなか減らないのだった。

毎回、こりゃやばいやばい、と思って焼くのをこらえて、喉元もとうに過ぎた頃に思い出してまた作る、味見で色々思い出す、この繰り返しだった。

ついついつまむところを我慢できればいいのか、といいのか悪いのかよくわからない判断をしてみたものの、今回もクラッカーは着々と減っている。おそろし‥

 

 

 

 

今日は園時代のママ友だち(現友だち)とランチしてきた。

半年ぶりに会って、お互い溜まった話を一気にする。

それぞれの話題をなんとなくすることもあるし、大きなトラブルがあった友だちの話をひたすら聞く会に終始することもある。

だいたい座りっぱなしで食べて喋って満腹になり、笑い過ぎてお腹が痛くなり、時間はあっという間に過ぎる。

こんなふうにリセット&リフレッシュできることに助けられているなあ、と思う。ありがたや。

at 21:02, peroperope, 日々のこと

-, -, - -