きんようび

いくらの醤油漬けを作るようになってから、レシピの見直しをしたことがなかった。

かれこれ20年くらい。だし汁多めの薄味。

今期、ほかのレシピをいろいろ試している。けれど、今のところ元祖を超えるものはないなあ。醤油漬けっていうだけあって、どれも濃い。味も色も。

上書きなるかしらん。

 

 

少し前に、二女にバイトしたいと言われた。

学校の規則では禁止されていて、まあそれ以前に彼女は中学生だからどっちにしろかなわないのだけれど、聞けばそれで得たお金を好きなアイドルのグッズにあてたいようだった。お金かかるんだよね、って。

ここはもちろん反対しておきつつ、じゃあ、家のお手伝いして対価を払おうか、と、お弁当作りを提案してみた。

日にもよるけど、だいたい平日は3つのお弁当を作っている。これを代わってくれたらお弁当1つにつき100円払うわよ、と軽く言ったら、そのときは難色を示された。「それだけ?」って。

最近になって「お弁当作る、作りたい」と言い出した。もともとお料理に興味があって、わたしの手元をよく見ていた子だから、それはありかなーと思って承諾。今週から彼女がお弁当を作っている。

最初から一人に任せるのはお互い不安なので、メニューを決めて前夜に下ごしらえ(所要2、30分くらいか)、当日朝に作る(所要3、40分くらい)ところまで、今のところは付きっきり。(手はほとんど出さない)

結果、彼女はこの4日間で11個のお弁当を作った。1100円、今後も塵積で考えたら、これは大きいんじゃない?

で、テスト期間や長期休みを除くと考えたら、稼ぎすぎってこともなかろう。ちょうどいいんじゃないかな。

お母さんいなくても作れるようになったらお弁当の単価を上げるよ、と伝えてある。一人でこなしてくれたら、15分くらい寝る時間が増えるかなーと思っている。(そんな意味では、今はむしろ15分くらい寝る時間が減っているわ)

「おかーさんのお弁当ワンパターン」と言われたこともあったけど、作り始めてたらそうでもないことに気づいてくれた模様。

「いろいろ入ってるんだね」って。それだけでもいいわ。

 

 

長女は以前の朝ドラを見て以来「五平餅が食べたい」と言い続けていた。

もちろん現地で食べて見るのが一番いいんだろうけど、最近生協のカタログに載っていたので注文してみた。

そしたら昨日届いたのを早速今朝の朝ごはんにするという。

これは、モチモチ食感が大好きな彼女には物足りなかったようで、「モチモチしてない」「最後の方は紙と木の味」なんて言っていた。

えー…

もちろん、本場で本物を食べてみないうちは判断すべきじゃないと思う。

まあでもそれ以前に、米だけを固めたものはそういう食感だよなーとも思う。きりたんぽとか、だまことか。

わたしはどっちも好きだから、案外五平餅も好みの部類かもしれない。

 

 

夫は勤続20年の休暇中。

前々から計画していた、趣味方面を目指していそいそと出かけて行った。

(残念ながらわたしは全く興味ない分野でお付き合いはできず💔)

夫がいない日はムスメたちの好物でも作ろうかなー。

at 22:07, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

もくようび

前のドイツ出張で夫が買ってきたケーゼクーヘン(チーズケーキ?)のミックス粉。

 

今回のドイツ出張で、材料のひとつだったクアルクという乳製品(チーズ?)を買ってきてくれて、やっと陽の目を見た。

 

 

と言っても、パッケージの翻訳から焼き上げ、片付けまで二女がほぼ一人でこなした。

(このときわたしは発熱中で、唸って試食しておしまい)
さすがは欧州サイズ、我が家のケーキ型、18・15・12cmフル稼動でしたよಠ_ಠ
(パッケージはさほど大きくないんだけど、用意するものがボリュームあったかんじ)

 

 

 

バターナッツかぼちゃ。ポタージュにするとおいしいのです。
プリンとグラタンも作りたくて、このあと二つ買い足したところに生協の宅配からホールのかぼちゃが届いたのはご愛嬌。

しかしこれ、売り場でなんの表示もされずに並べられていた。

これでかぼちゃってわかるのかしら?

 

 

少し前に二女と塩だれの冷やし中華を作って食べた。

「冷やし中華食べおさめだね」って言いながら。

でも食べ終える頃に「別に夏は関係なくない?」「作れば食べるけど?」と言い出した。

まーそーなんだけどねー。食べたいと思わなくなると思うけどなー。

 

 

 

またブラフベーカリー 。

雨降りだったこの日、寄るつもりはなかったのに、前を通りかかったら、もう夕方だったのにパンがたくさんある。

入ってみたら、食パンが並んでいた。珍しい。

初めてお目にかかった山食パンと、キノコの何か(ピザか?忘れた)を購入。

 

 

前回(13日)は無料ショッパーがまだあった。

今回はそれが終わって、告知されていたとおり有料袋に切り替わっていた。

わたしのエコバッグはすでにうまっていたので、これも一ついただく。

 

こちらは小さい方。

次行くときはこれを持参しよう。

大きい方はデザインも材質も違った感じだった。

どちらも素敵だな、と思ったけれど、あの青い袋がもう見られないのはちょっぴり寂しいかな。

今日お店のHPを見たら、青いのはまさに13日までだったよう。

‥うーん、ゴミ袋にしてしまったな。取っとくもんじゃないけど惜しい。

 

 

 

約7年、大切に履いたスニーカーを買い替えた。

一体成型のゴム底がすり減って穴があいても、横に亀裂が入っても、好きで買い替えられずにいた。

(少し前に同じものを取り寄せもみたけど、天然染料のためか色味が結構違ってインディゴが薄く、返品した)

アッパーはまだまだいけるだけに残念だけど、底から水が染み込むともうお手上げ。かかと部分の見目もよくない。

 

7月に銀座のムーンスターのショールームでいいな、と思ったものを取り寄せた。

やっぱり似た、というか一見ほぼ同じようなデザインだな。まあこうなるよな。

(ほかにも気に入った色はあったけど、それは店頭サイズがなく、メーカーで終売していたし)

サンダルの季節も終わったことだし、これもまた大切に履こう。

at 23:05, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

コロッケサンドなんぞ

所用で横浜元町へ。

お昼を用意して集合ということだったので、ブラフベーカリーでコロッケサンド(バーガー?)を調達。

うおー昼が楽しみだ!

‥と思ったのに、その場で昼食とはならずに14:30ころ解散。さらにその後用事が続いて、コロッケサンドにありついたのは夕方、もう17時近くになってからでした。

暑い日じゃなくてよかった。

 

 

このコロッケサンド、店頭でもボリュームあるなーと思ったけど、改めて見るとすごい!

具がどどーんと大きすぎて挟まってないというか、飛び出して見えるというか。

食べたら一体感はそれなりにあったけど。(ま、時間も経ってたしな)

コロッケサンドとして、というより、やはりパン部分のおいしさが抜きん出て感じられました。

 

 

あとはバナナブレッドのハーフサイズをね。

 

 

次はキャロットケーキを買ってみたい。

 

 

晩ご飯はもちろんほとんど入りませんでした。

at 23:46, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

あれやこれや

今月のツオップのパン。

さすがに買うものが定まってきた。

 

 

 

 

 

週末神戸に帰るとき、羽田空港にオードリー発見。

いつも高島屋の行列や、全て売り切れたウインドウを見て終わっていたけれど、ここは誰もいなかった。

まだ朝の8時過ぎということもあってか、憧れのグレイシアもたくさん。これは買うでしょう。

 

しかし、先に帰省していた夫姉に「オードリーご存知ですか?」と聞いたら、その返事が

「グレイシアあるよー食べてー」

「え?わたしも買えたんです」

「じゃあそっちは持って帰りー」

ほかに姉とは服装も手ぬぐいもかぶってて、いろいろびっくりだった。

(姉の方がセンスは数段良いのですが、色味やなんかがね‥)

グレイシアは見た目どおりの味。

女子!って感じのお菓子だなーという印象。ええ、ワタクシには似合いませんఠ_ఠ

(姉の買った分にはココア生地のもあって、そっちの方がより好みかも)

 

 

 

姉チョイスのおやつはどこまでもかわいらしく、そしていつもとびきりおいしい。

 

 

 

夫の出張のお土産。

ドイツのフランケンワイン。

学会の記念品がこれだったそう。ちなみに250mlのミニボトル。

 

パスター

 

チョコレートー

 

クアルクというチーズ。

チーズケーキに使う予定。

 

 

 

昨年、夫母のお仏壇にお供えしたハーバリウムを取り替えてこようと思って、久しぶりに作ってみたものの、うまくいかなくて今回持って行くのは諦めた。
習作のように作ったものだけが残ってしまった。

 

左のはなずなだけの。ぺんぺん草ですね。

右はルリ玉アザミ、ゴアナクロー、マトリカリア。

やっぱりわたしは花より葉っぱの方が好きみたいだ。

 

 

 

今日は友だちと展覧会、ランチは”ラ ココリコ”で。
ランチへの移動の途中に、前から行ってみたかったイアコッペ発見。
おみやげはこれに決定。
ぶどうカスター、パンプキンクリームチーズ、あんバタ、ナポリタン。

帰りの乗り換えで大好きな満のプルマンも。

 

 

at 19:07, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

しゅうまつ

 

 

富士山!

 

 

ご法事のために夫実家に帰省。

お天気に恵まれたけど、神戸は思っていたより数段暑かった。

(この先一週間も35度以上の予報とは!)

 

 

もちろん神戸に着いたらまずはもっこすへ。

このために着時間を毎回お昼前にしているような。

今回初めて味玉付で。

 

 

 

 

夫母の十三回忌は、夫父と夫姉家族、我が家だけのごく内輪で。

ご法事のあとの会食は和やかで、賑やかでもあって、楽しかった。良いひとときだったな。

 

 

 

 

 

羽田に着陸直前の海。

写真にはあまり映ってないけれど、奥まで点々と、等間隔に船が停泊しているのが見えた。

台風に備えて岸から離し、間隔を空けてあるのかねーと夫と話した。

 

 

21時台のテレビ。こんな風に書いていあるのは初めて見ました。

世界が変わるって表現は怖いわね。

 

at 22:03, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

すいようび

友人ふたりと自由が丘”パンとエスプレッソと自由形”でブランチ。

午前中のみ5食限定のブランティーセット。

 

 

 

 

通された”予約席”の札が置かれたテーブルはひざ下高さで、椅子(ソファ)の座面の方が高い。

一見おしゃれな一角なんだけど、お料理も映えそうだけど、うーん。

スタッフの方に場所の変更を願い出た。

「すみません、ここだと腰が痛いので普通の高さの席に変えていただけますか?」

悲しいかな、そんなお年頃。

 

お互いの子どもたちが幼稚園のときからのお付き合いだけど、今日はとうとう子どもたちが話題にのぼらなかった。それだけみんな大きくなったってことかしら。

えーと何を話したっけ?健康とか、ご近所づきあいとかがメインだったか‥

帰り道、「そのうちお墓の話なんかになるんだろうねー」と言われた。そう来るか。

 

 

彼女たちと別れて日本橋へ。

銀座で日比谷線から銀座線に乗り換えるはずが、本に没頭していて乗り過ごしてしまった。

上野で「あれ?」と思って飛び降りて、ここで銀座線に。約25分のロス。

(気づいたのが乗り換えできる駅だったのはたまたま💧)

高島屋で月に一度のツオップのパンの行列に早く並ぶはずだったのにー!

しかし、いつもより行列が伸びるのが早く、だからなのか、10分ほど早くレジが開いた。

この後にも予定があったわたしにはありがたい。

 

 

ここで25分のロスタイムが生じたところで、自宅最寄駅には16時前には戻れるだろうと踏んでいた。

踏んでいたのに、新橋からの横須賀線、家とは逆方向行きに乗っていた。

「次はとうきょう、とうきょうー」

という車内アナウンスでやっちまったことに気づく。あああ。

東京駅で逆行きに乗りなおして、娘との待ち合わせ場所についたのは時間ぴったりの16:20。

最悪のパターンも想定していたんだけど、まさにその電車には間に合ってたってことだな。

 

 

なんだかとても疲れた。

自分が電車を日に2度も失敗した、というその事実が何より効いたかなあ。

パンを買えたウキウキが一気に消沈した出来事でした。

 

 

ムスメたち、せっかくだから今日中にツオップ食べたいって。

夕食はスープとパンで簡単に。パン買ってよかった。ここでウキウキが少し戻ったかな。

あとは早く寝よう。

at 21:17, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

かようび

制作中のパネルのガラスカットに目処が立ったので、そのあとは内職用のガラスカットを。

これ、バザー用に作り始めて、今年は着手が早かったから余裕余裕♪‥のはずが、結局いつも通り。

間に合うのか、という時期になって参りました。

昨年と違ってカット以外の作業は家でできるのが救い。

今年も端材のリースまでやるかな。

悩んでるけど、クリスマスもの着手のリミットはそろそろなんだよね。

そして端材の多いことఠ_ఠ

 

 

教室の帰りに、探し物をしに自由が丘で下車。

行った先に欲しいものの取り扱いはなく、そのまま腹ペコで家まで帰る自信がなくなりつつあった14:30ころ、3&1FACTORYのあたりを通りかかった。よし、寄り道はせず、サンドイッチでも買ってまっすく家に帰ろう!と決めて、チーズと生ハムのフォカッチャと有名な白トリュフのパンを選んだ。後者は明日の朝用に。

フォカッチャに口の水分を持っていかれながらも生ハムとチーズそれぞれがおいしくて(そもそもここはパンとチーズと生ハムのお店なんだった)、なかなかいい軽食でした。

おやつ以上昼食未満的なね。

at 22:37, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

げつようび

今日は友だちと展覧会→タロス。

 

魚介のフレーグラをオーダーしたら、貝類が切れているとのことで、トマト×豚肉のソースでフレーグラをいただきました。

ハーブがよく効いて、これもおいしかった。

 

 


おみやげに、数日前にFoodshowにオープンしたばかりという俺のBakeryで食パンを。

 

成城石井でコーヒー豆も買って、最寄の武蔵小杉にも俺のベーカリーと成城石井あったな、と思ったけどあとの祭り。

パンは渋谷店限定らしいので、まあよしとしましょうか。

(小杉で俺のベーカリー行くことはまずないし)

 

 

 

近所のスーパーでこんな袋ラーメンを見つけた。

山頭火×藤原製麺コラボ。

藤原製麺は娘が好きで、作るのも簡単で、よく買い置きしていたメーカーだったこともあって即決購入。

味噌塩醤油合わせるってありそうでなかったんじゃないかなーと思いながら。

これはどんな味なんでしょうね?

 

 

at 20:24, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

夏休み最終日

お昼何にするー?と朝から何度も聞いた。

夏休み最後の日だし、わたし家にいられる日だし、ちなみに夫いない日だし、ムスメたちのリクエストになんでも応えるつもりだった。

候補がいくつか挙がって、いろいろあった中から残ったのがスフレパンケーキ。

おお、お店で何度か食べたことあるよ!(お互い)‥ってレベル。

良さげなレシピを検索して挑む。焼き時間弱火で10分、というのをそのまま信じてベランダに出て戻ったら、ムスメたち沈痛な面持ち。ふくらんだパンケーキは蓋をとったら一気にぺしゃんこになったそう。見れば黒焦げ、カッチカチ。

それでも食べるというのを制して、遠慮されるのも制して、別レシピでもう一度生地を作った。今度は焼きにつきっきりで臨む。

結果、最初とは似ても似つかない(そりゃあもう笑えるくらいに)、白くホワホワのパンケーキが焼きあがった。

家でこれくらいできたら十分じゃない?ってくらいの。

長女はホイップとチョコレートソースで、二女はフルーツを添えて、それぞれ堪能した。

お休み最後のランチが黒焦げで終わらなくてよかったね、とやっと笑い飛ばしたのは夕方のこと。

 

夜も二人のリクエストに応えて。

夏休み、食べ納めました。

 

 

ちなみにわたしのランチは素麺でした。すだちをぎゅーっと絞ってさっぱりと。

 

 

来年3月のライブのチケットが発券されたのを今日受け取ってきた。

 

a-haはわたしがいろんな洋楽を聴くきっかけになったアーティスト。

1986年、わたし15歳、彼らがグラミー賞を獲ったときの映像がとにかくかっこよかったんだ。

録画したのをを繰り返し観て、遊びに来たクラスメイトにも見せたっけ。

今度のライブは、最初のアルバムのツアーという(まあ日本ではその後あまり売れなかったってことなんだろうけど)、1987年のライブに行ったきりのわたしにとっては、青春真っ只中を再現されるようなもの。チケットを手にしてもう泣きそうだった。

 

昔そのままのものを追いかけるようになったらおばさんだなーと人ごとのように思ってたけど、自分もすっかりおばさんなんだな。頭ではわかってるけど、再認識。

a-haも年取ってるんだろうなー。それも含めて楽しみ。なんせ33年ぶりだ。

 

 

ずっと買いたくて買えなかった、発売日にはいつも秒速で売れちゃってたチーズケーキ、今日買えてしまった。奇跡だ。

こんな日が来るとは。

届くのはまだ先だけどうんと楽しみ。

at 20:05, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

てぬぐいと無花果

花火柄をしまって、月てぬぐいをタペストリーにした。

グラデーションがきれい。

 

 

いただいた無花果を遠藤太郎さんの器に。

ただのせただけなのに、このかっこよさ。

at 23:59, peroperope, 日々のこと

-, -, - -