らっきょう、梅、きゅうり

今日から丸3日はオフ!


大物をお洗濯しながら、先週寝込んでしまって放置していたらっきょうを漬けた。

すこし芽が伸びちゃってた。

いつも大きな瓶にドーンと作っては、冷蔵庫の不自然で邪魔な場所に1年間入っていることに後悔していたので、今年こそは!と中瓶と小瓶に分けた。結果スッキリです。

(移し替えるにも、作っちゃうとパッキンが臭くなって使いまわせなくなるので、今まではそのままでした)

 

寝具、カーテンと洗濯機3回まわして、らっきょうを漬け終えて、買い物に出たら午前中はあっという間に終わってしまった。

 

 

その午前中の買い物で、川崎は生田の梅を発見、1キロ購入。地元の梅は初めて。

氷砂糖も一緒に買って、昼食の後は急きょ梅シロップ作り。

工程はシンプルで簡単なのに、瓶が取り出しにくいところにしまってあって、昨年の自分を軽く恨む。

棚のものの大移動から始まって無駄に疲れた。

さらに、木曜日に注文している梅が届くので、それもシロップと梅酒にする予定。今年は立て続けだな。

 

 

そのあと、午前中の買い残しを消化すべくまた別エリアに買い物に。要領悪いったら。

いつもなら昼寝してるよなーという頃合、はい眠いです。

そこでミニきゅうりを見つけて、一本漬けにすべく買い求める。

これで完全に昼寝の時間を逃したけれど、漬ける傍ら、二女が大喜びしていたわ。

なんかいろいろ仕込む日だったな。

 

 

お洗濯と仕込み以外は何もはかどらない、というより、瓶を探した際に出たものを片付けなきゃならんといった状態で、家事の見目だけをプラマイで判断すれば明らかにマイナスなんだった。

ヘトヘトでござる。

 

at 20:19, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

ヒヨコやらカモやら

夫が買ってきてくれたカップ麺。

ぐでたまのグッズを買ったりすることはもうないものの、こういうのには弱い。

 

 

上に乗っているのは、テスト勉強に飽きた長女がねりけしで作ったピカチュウもどき。

 

 

 

仕事(蕎麦屋)と趣味(ステンドグラス)の関係で手の爪は塗れない。

足の爪はそれなりに塗っていたものの、一昨年の一夏ほぼ塗りっぱなしで過ごしたところ、オフした後の爪が完全に死んでいた。

色も変だったし、凸凹凸凹していて見るからに気持ち悪かった。

仕方ないので、切れるところを切りながらその部分がなくなるまで足の爪は放置した。夏のネイルも我慢した。

幸い生えかわったところは元どおりでホッとしたものの、もうそれまでのものを塗る気にはなれなくて買ったのが胡粉ネイル

使ってみたら、当初覚悟していたよりも持ちがいい。ペタリとした色ばかりのイメージだったけど、ラメやパールの入ったものもあるし、ヌーディーなカラーも展開されている。

そして塗りやすい(塗るの下手なのでこれ大事)、すぐに乾く(これも大事)、オフもしやすい(アルコールでOK)。

わたしにはもうこれで十分じゃないかなーと思っている。

 

 

 

ジオラマの舗道予定のガラス。もともとこの形、面取りもしてあるので、せっせと敷くのみ。
数がまだまだ足りない。

 

 

 

 

週末、家の近くを走る大きな道路沿いの歩道をカモの親子がトコトコ。

 

そのまま車道に出て真ん中を歩き始めたので、自転車を降りて、後ろから来る車に頭を下げつつ、少し軌道修正しながら一緒に歩いた。

 

 

わたしのほかにもう一人、二人でカモを守るようにして。


おそらく普段は家の前の用水路にいるカモたち。
見かけた地点からワンブロック先の端から小さな川へ親鳥が飛び込むと、ヒナがおそるおそるといった態でそれに続き、最後の二羽がやっと飛び込むと、見守った人たちの間から歓声やため息が聞かれた。


めでたしめでたし。

 

at 10:59, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

フジマル醸造所

清澄白河に住む友人が企画した、清澄白河のワイナリーでの飲み会。

お昼前に集合して明るいうちから飲み始め、明るいうちに解散した。

たまにはこんなパターンもおもしろい。

 

フジマル醸造所は住宅地の中の、一見マンションのような建物。

看板がなかったらそれとはわからないかもしれない。

 

 

 

いわゆるマイクロワイナリーというものに初めて行ったわけですが、とにかく「樽が近い!!」という印象。

ここで造られたワインはピリピリと心地よい微発泡、フレッシュな味わい。

お料理もきれいでとてもおいしかったし、その器もどれも素敵だった。

ワインは家のお土産にすればよかったなーとあとで思った。これはまたいつかだな。

 

 

 

 

真夏のような気温で、でも空気はからりとしていて、気持ちのいい一日だった。

at 21:37, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

きんようび

ポスターを掛け替えた。

クリムトの”ベートーベン・フリーズ”。

実物(と言っても展覧会に来ていたのはレプリカですが)はもっともっとよかったなあ、と眺めながらため息が出る。

もう一度観たい。

せっかくなら実物の本物が観たい。ウイーン行くか‥

 

 

友人が食事の後にくれたミントのキャンディーがちょうどよかった。

もともとガムのようにずっと口にあるものが苦手。

普通のサイズのキャンディはなくなるのに2時間ほどかかる(あまり口中で転がさないから)。わたしにとっては、これも口にずっとあるということになる。

その点このミントキャンディーは小さくて、口もさっぱり。早速まねして買ってきた。

 

 

夫が買ってきてくれた”満”の食パン、プルマン。

キメが細かくてとてもおいしい。いくら食べても飽きない。

わたしのベスト3に常に入っているパン。

 

 

火曜日にポーンと熱が出て、以降ちょいちょい調子が悪い。たぶん風邪なんだけど、体調崩すのが随分久しぶりのことでピンと来ていない。病院に行って出された薬飲んで隙あらば寝る、ひたすら寝る、という三日間だった。

今日は娘の学校行事で、割に早い時間に家を出てみたものの、会場でガンガンと頭痛がしてきて帰ってきてしまった。午後は丸々寝て、それでもまだ寝足りない。きっといくらでも眠れる。今日も早く寝よう。

at 21:46, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

かようび

 

手持ちのガラス、主に端材をひたすら1cm角に切った。


教室に着いてから、型紙一式を忘れて行ったことに気づいた。

大雨の中来たのに今日は午後まで何しよう?と途方に暮れそうになったものの、この作業だけでギリギリの時間になりました。

120ピースは欲しいな。あるかしら。

 

 

数日前に食べた煮干しラーメン。

ワタクシ、煮干しというよりつみれ汁みたいだな、と思いました。

 

 

夫の出張みやげ。

ほかに、パンケーキミックスと現地のレシピブック。

ミックス粉は最近定番化しつつある。週末の朝のお楽しみ♪

at 21:19, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

峠の釜めしの

二女が宿泊行事で行った先での昼食が峠の釜めしだったそうで、その容器を持ち帰った。

「小物入れにしようと思って」

 

これでご飯炊けるんだよねー、と言ったら「やってみたい!」と言われて、その日の夜に早速試すことに。

メーカーHPを見ながら1合分をたいた。

小さいから、火力調節が思ったより難しかった。

 

 

 

そこそこできたおこげも焦げすぎず食べられるレベルのもので、まあ成功でしょうか。

おいしくいただきました。

 

食べた二女は「またやってみよう。小物入れはいーや」と言い出した。

‥なんか申し訳なかったわね。

 

今は華やかでおいしい駅弁が増えたけど、これ一昔前はすごく人気のある有名なお弁当だったのよーと講釈垂れておいたわたしはおばさんだな。

すかさず夫が「横川の駅は昔停車時間が長くてね‥」と釜めし秘話?を披露してた。抜かりないな。

at 22:27, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

パンとパンと検診と

火曜日、ブラフベーカリーで。

 

 

月に一度、近くで用事がある。

だから月に一度のお楽しみになるかな。

朝早めの時間、パンはけっこう出ていてお客さんは少ない。

いつもはせわしなく買っているから、ちょっとありがたい。

 

 

みなとみらいのLe Mitron Paris(ル・ミトロン)で買った食パン「神熟」。

昨夜、お店の前を通ったら大きく「完売」と書いてあったのが気になって、電話で翌日(今日ですね)分の取り置きをお願いしておいた。

お昼前くらいの時間に取りに伺ったら、今日も同じ看板に「完売」の文字。

午前中で売り切れちゃうのね。

ほかのパンもおいしそうだったけど、今日は食パン以外のパンは夫が好きなあまーいのをポンパドウルで。

(うん、うれしそうに選んでたわ)

 

ル・ミトロン、別に食パン専門店も展開しているよう。

機会があれば行ってみたいな。

 

 

 

昨日、今日は夫が当てた一泊の人間ドックだった。

検診受けて、みなとみらいに一泊して、また検診受けて、お昼帰宅というもの。

糖負荷試験って初めて受けた。

 

家からは割に近いエリアだから、勝手がわかっている分過ごしやすかった。

宿泊先からの眺望、見飽きなかった。

夜景より昼間の明るい時間帯が好きでした。

 

 

 

 

 

高層だったからか、海があるからか、朝は眩しすぎてろくに外が見えず、写真も撮れず。

ここで生活はできないなーなんて思いました。

 

 

 

食パンのほか、ホテルのケーキショップでムスメたちへのおみやげを買って帰宅。

またいつかこんな機会が当たりますように🙏

at 20:56, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

クラシックミニファミリーコンピューター

今日は久しぶりに予定のない日だった。

しばらくお昼寝もしてなかったので、午前中はちょいと寝直し‥と思いきや、外が明るくて全然眠れないのだった。

午後はひとりで二女の宿泊行事の買い物へ。

(昨日も一昨日もそうだったな‥)

こういうのは出発するまでが大変よね。

 

 

買い物先で「赤いたぬき」を見た。そう言えば今日発売日だったな。

夫と自分の分、2個買ってみる。

 

 

発売されてから何度か、買おうかなーと思っては、どうせすぐに使わなくなるだろ、と思っていたファミコンをやっとというか、とうとうというか、なんにせよ買ってしまった。

長らくムスメたちに「ウチはいかなるゲームは買わん」と言ってきたものの、2人とも自己管理できてきて「ゲーム?買ってもいいよ、買えば?(ただし自分で)」なんて言った矢先のことでもあった。←そんな意味では体面が保たれたというものか?

届いたらこれ、小さいのね。手のひらにのってしまう。

 

実家で買ってもらえたのはゲーム&ウォッチ止まりで、だからテレビゲーム(まあファミコンですな)は叔母の家に遊びに行ったときの楽しみだった。ゼビウスやスーパーマリオブラザーズが好きだった。

届いたこれをムスメたちが楽しそうにプレイしている。

(もちろん不慣れで、まだわたしの方が強い。威張るところじゃないし、張り合うつもりはないけれど)

 

ひとり暮らししていたときにプレステを買ったことがある。

「パラッパラッパー」あとはテトリスともう一つ何かあったかな。

しかし、基本的にゲームがない環境にいたからか、ハマったりソフトを買い足したりすることはなくて、割に早い時期に手放してしまった。

おそらくゲームに対する情熱ってそれくらいだったし、今も多分そう。夫も同じような感じ。

 

なきゃないで済む、それくらいでちょうどよかったのかな、と思っている。

スーパーマリオブラザーズはやっぱりおもしろいけどね。

at 21:54, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

ぺろっことかにっちょ

ぺろっこうどんは何度かスーパーや岩手の物産店で買ったことがあったけど、

ラーメンの方は連休で行った先で初めて見た。

付属のスープがシンプルでおいしい。

麺はおもしろい食感だったな。

 

 

仙台に行く前日のヤフーの検索キーワード一位だった牛タンのラー油漬け。

テレビで紹介されたようだった。

タイムリー!買えるかも!と思ってたら、その店舗のその売り場だけスッカラカンだった。そりゃそうかー。

帰路、どうやったら買えるか調べてみたら、少し待てば取り寄せできるようだった。

送料無料のセットを選んでポチリ。

10日ほどで届いたそれは、思ったほど辛くない。

(もっと辛いのもあるようですが)

しかし”食べるラー油”のときにも感じた背徳感がどうしたって伴うなあ、と思いました。

 

 

いつも行く食料品店の高知フェアの”かにっちょちくわ”の磯辺揚げ。

  ←これはその広告

 

前回は買って食べた。今回は自分で作ってみようと思ってしまった。

ちくわにカニカマを通すだけなんだけど、これはなかなかうまく入らないものだった。

穴の方が小さくて、なんとか通してもカニカマがほどけるように崩れてしまう。ずれて見目が悪い。

途中参戦した二女とあーだこーだ言いながら作業。

(ちなみに、本物は太めのちくわに長いカニカマが通った立派なものですが、わたしは普通サイズのちくわの長さを3等分してカニカマ一本を通しました)

磯辺揚げにするべく衣をくぐらせてしまえば、ずれたところはさほど目立たない(かもしれない)かなー。

普段お弁当に入れるちくわの磯辺げに比べるとむっちりした歯ごたえでした。(穴がないからまあ当然)

 

 

「平場の月」を二日かけて読んだ。

朝倉作品らしい、久しぶりに文章にぐらぐらと翻弄されるような感覚の読書だった。

最近は文庫だと文字が小さくてちょっと辛く、でもハードカバーは重たくてちょっと辛い。

殊読書に関して言えば、年取るってつまんない。

at 23:08, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

métier、VIHKIRUUSU、眉毛など

仕事が早く終わったので、小杉のBOULANGERIE métierへ。

ここは武蔵小杉→武蔵小杉→新丸子→武蔵小杉、と移転を繰り返して、いわば戻ってきたパン屋さん。

今の新店舗は中では一番通いやすいかな。

 

 

 

 

ラテマグを増やした。

marimekko、VIHKIRUUSU。

 

色味の少ないのが好きなのかなーと自問しつつ、色味のあるものも揃えたくなりそうで怖い。

 

昨今せっせと断捨離めいた処分をしながら、それでも買わずにはいられないものがあるんだな、と自分の傾向がわかるようなわからないような。(まあ、単純に流行り廃りもあって、マリメッコは廃れることはまずないと思ってる、けどファブリックバッグや布は手放し始めているんだな。線引きは自分でもよくわからん)

 

 

メイク始めた頃から眉毛は鬼門で、うまく描けた試しがない、と言っても過言じゃない。

「眉毛のコツ」とか「失敗しない眉毛」みたいな雑誌の切り抜きを取っておいたりもしたんだけど、それらを読んだこともなくて(つい最近捨てました。太眉ブームの時のまで取っておいてあったわ)、要は自分の中でメイクってそんな重きは占めてないんだな、と思ってる。仕方ない。

仕方なくても鏡に向かうとうーん、とは思うわけで、悪循環というか、どうすりゃいいの?状態。

前髪下ろしっぱなしだからまあいっかー☆ってことにしつつですね‥

 

前置きというか現状はこんな感じながら、100均キャンドゥで買った眉毛用のブラシがなかなかいいのです。

眉毛ダメダメなのでどういいのかうまくは語れないのですが‥これは毛に適度なコシがあって、触るとしっとり、気持ちいい。

ま、感覚的なものですね。

 

眉マスカラ買ってみたり、眉まわり用のコンシーラー買ってみたりと、まだちょっと足掻いてみる40代後半。

at 22:43, peroperope, 日々のこと

-, -, - -