しゅうまつ

昨日はチーズフォンデュだった。

バタールのほかに、ささみ、じゃがいも、厚切りベーコン、ウインナー、うずらのゆで卵を用意、そのほかの野菜はサラダで摂ることにして(前までは人参とかブロッコリもフォンデュしてたけどなんだか微妙だったので)、ミネストローネも作った。

‥結果、お腹いっぱいになるからスープかサラダはいらないね、結局バタールが一番おいしいね、ということになった。

さすがにパンとチーズだけで晩ご飯ってわけにはいかないので、全体量を減らす方向かな。

 

少し前の某キッチンツールメーカーのネットのセールで二女憧れのラクレットセット(6割引とか?なんだかすごく買いやすい価格だった)を買ってしまったので、次回はフォンデュじゃなくてラクレットになりそうだけど。

これから取説熟読!

(溶けたチーズの断面からからめて食べるラクレットを所望されているけれど、それはどこかのレストランで別の機会にだね)

 

 

今日は、Pokémon GOしに出かけたい、という長女に付き合って駒沢公園へ。

よく晴れていて散歩にはいい気候だったものの、帰る頃の寒さと言ったら!

暖かい下着にカイロはって洋服着てコート着てマフラー手袋のフル装備で臨んだものの、それでも震える寒さ。

わたしより寒がる長女に「何着てるのよ?」と聞いたら、トレーナー1枚にコート羽織っただけだった。

えー‥。とりあえず「いい」と固辞されるところを押しまくってわたしの手袋を片方着けさせる。(これが限界だったけどな)

本人がえらく後悔しているようだったので、小言は控えつつ帰宅。

幸い足を運んで散々凍えた甲斐あって、狙っていたポケモンはほぼ捕まえられた模様、終始ご機嫌。

 

 

吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」が読まれているという。

その特番を見た。漫画化されたことも大きいのかな。

(同じタイトルの映画を宮崎駿さんが撮るということも遠因?)

ずっと前、小学校の授業でこの本を紹介したことがある。

部分部分を抜粋する形だったからか、わたしの力不足だったのか、そのときの小学6年生には全く響かなかった。

ほかの方が紹介したライトノベルの票がダントツで伸び、間に6冊分の順位があって、「君たち」はゼロ票で最下位だった。

内容的に早すぎたのかな、難しすぎたかな、堅苦しかったかしら、時代が合わなかったのかな、といろいろ反省したものだけれど、今これだけ支持されているということは、少なくとも「時代」は理由じゃなかったんだろうな、と思えた。

廃れず継がれていくことを願う。

 

 

少し前に、二女が飛ばす勢いで”みをつくし料理帖”を読破した。へー時代ものも読むんか、と思ってたら、昨日から長女が読み始めた。どハマりというの?1日で3冊ですって。今日は4冊読む!と息巻いて駒沢公園から帰ってきたのに、お疲れだったのか、晩ご飯の前に寝てしまい、晩ご飯食べた後にも寝てしまい、結局そのまま布団へ。パジャマから着替えて遠出しただけ昨日よりマシな休日だったような‥。(厳密には、昨日一瞬インフルエンザの予防接種にだけは出かけたのですけれど、すぐに半パジャマに戻っちゃって)

それにしても、次巻を待ちわびて揃えながら読んだことを思うと、一気に読めるムスメたちが少々うらやましいのでした。

わたしも一気通し読みしよう。

 

at 22:26, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

朝焼けとオーナメント

 

 

朝、ウチからの朝焼け。

あまりにきれいで、パジャマのままベランダで撮った。

寒かった。

 

 

 

ツリーを出そうか、という話すら出なくなった。

オーナメントを少しだけぶら下げる。

2日めに1人、3日めにもう1人が気づいた。

そもそも、みんな家にいる時間が短いものね。

 

at 23:55, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

雑記

長女が髪を切った。結構バッサリと。

二女がそれ見て「いこか様みたい」「ってか、昭和!」と言った。

前者はともかく後者‥@_@

 

今日は年内最後のヨガレッスンだった。

同じクラスの方が、手縫いで作ったというポーチと小物を全員にプレゼントしてくれた。

 

 

柄が全部違うのを、来た順番に選ばせていただく感じ。

みなさん長く続けてらっしゃる方ばかりなのに、通い始めてまだ4度目のわたしのぶんまであった。

お気遣いに恐縮するやらうれしいやら。

今週は手づくりのものをいただく機会がたまたま続いた。

自分のハンクラものをひと様にあげるなんてとてもとても!と普段思っているけれど、もらう側になるとうれしいものだな、と思った。

いやまあでも、わたしが作るものはそういうレベルに達してないと、いただいたもののきれいに揃った縫い目を見たりするとやはり思う。

 

思い立ったことがあって、昨日は銀座の貴和製作所へ。

地図アプリ見てキョロキョロしながらたどり着いたのは、日曜日に夫と歩いて「こんなところに貴和製作所があるー!」と話したビルでした。

改めて見上げて「うお、ここかー!」と。

最近こんなことが多いのです。

at 22:41, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

結婚記念日のハンバーグ

昨日は結婚記念日だった。

お祝いするのは節目の年くらいだし、平日は揃って食事できることも少ないから、気張って何かをすることはない。

 

それでも、何か家族が好きなものを‥と思って作ったのが煮込みハンバーグ。

煮込みは過去にいくつか作ってみたけれど、これ!という味に会わなくて、我が家はもっぱら焼き上げるハンバーグばかり。

欲しいな、と思った肉料理の本を試しに図書館で借りてみた中にあった煮込みのレシピがおいしそうで、何度目かのチャレンジをしてみた次第。(何も記念日のご飯にチャレンジしなくても‥という気もするけど)

 

まずデメリット。初めてのレシピは時間が読めない。そりゃそうだ。

行数が少ないから読みが甘かった。

(晩ご飯遅くなっちゃった。って本のデメリットじゃなくわたしの計画性のなさか)

 

そしてメリット。

おいしい!これなら作り続けたい。

「お店みたい」と家族からも好評だった。

(スキレットに一人分ずつ仕上げたから、見た目も高評価に繋がったのかもしれない)

次は幅広のパスタも添えてみたいなあ。

 

この本を買うことが決定。

(ほかのお料理もうんとおいしそう)

スキレット用の木の台を買うこともほぼ決定。

(今はグラタン用の木皿で代用してる)

 

 

さて、行数が少ない、と書いた。

これを著した研究家さんの本はだいたいそう。

どうなるまで炒める、とか、◯分焼く、とか、火加減とかの指定がないものが多い。

それでもわかりやすいと思うけれど、昨今の手厚く時にくどいほどのレシピに見慣れていると、感覚である程度の判断ができないと、狙った味にはなりにくいのかもしれないな、と作りながら思った。

まあでもどれ作っても今のところハズレがないです。

 

次はタンシチューを作ってみたい。

at 11:32, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

刺し子のおふきん

先週ひょんなことから、同じ教室の方にシーグラスを少しお分けすることになった。

拾ったものだし、作品に使っていただけたらそれで十分だったのだけど、

いくらかお支払いするとおっしゃる。

いやいや拾ったものですから、と固辞したら、

今日お礼にって、某カレンダーと手作りの刺し子のふきんをいただいた。

 

 

下絵が残ってるからお洗濯してね、と言われたので、早速手洗い。

縫い目がきれいにそろったふきん、うれしいものだな、と思った。

 

「某」の方は、わたしより夫が好きそうなモチーフだった。

ありがとうございます。

at 22:37, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

guest&me 再び

 

相変わらず、我が家のハンドソープはguest&me。

前回書いたときにはその公式サイトがあったのだが、だいぶ前に閉鎖となり、買えるところもごく限られてしまっていた。

ぼちぼち買い足そう、と思ったら、製造中止になったことを知った。

まあそういう流れだよなー‥。

 

詰め替えを3つ注文する。

これが最後になるんだろうな。

 

なんでもこれ、手についた塗装汚れがよく落ちるそう(夫談)で‥ドラえもん

 

※台所で何年も使っていたハンドソープを何の気なしに変えてみたら、あまりの汚れ落ちの悪さに驚いた。一口にハンドソープと言っても色々あるものですな。なくなったら元に戻そう。

at 11:17, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

週末新橋

昨日の土曜日は、恒例の友だちとの誕生会だった。

お互い生まれは月末だけど、本格的に気ぜわしくなる前、12月上旬に会うことが多い。

おいしいものを食べて、おしゃべりして、ちょっとしたものを交換し合う。

毎年の楽しみで、そのあとの忙しい時期もへいちゃらに思える。

 

今年のお店は友だちセレクトの、魚金グループ ”びすとろUOKINボン・ポテ” 。

お料理もワインもおいしかった。

新橋で飲んだのは初めて。サラリーマンの街、というイメージだったけれど、小さな路地におしゃれなお店もたくさんあって、楽しそうだったな。

 

 

今日は、浅草かまわぬの4周年記念のリース展を見に行ってきた。

お昼前なのに雷門前は大混雑!よく晴れている中、たくさんの人を縫うようにお店まで歩いた。

 

 

たくさんの作家さんのリースが展示されていて、見ていてとても楽しかった。

わたしの好きなブローチ作家さんのものは見応えはあったけれど、どちらかとやはり身につけて楽しみたいな、と思った。

ほしい手ぬぐいはもうだいた持っていたこともあって、お買い物はしないで浅草を出てきた。

 

家を一緒に出て、途中別行動だった夫とこのあと合流して銀座へ。

この時期の銀座は華やかでいいな。

夫の誕生日プレゼントを一緒に選んでから新橋まで歩き、おうどん食べて、電車で戻ってきた。

2日連続新橋なんてちょっとないことだったわ。

 

 

昨日、友だちと会う前に寄った有楽町交通会館前で買った買った干し芋、1枚入り。

大きくて品質のよいものを厳選しているそう。

我が家の芋栗南京ムスメのおみやげに。

 

at 21:25, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

塩こうじ

初めて知った頃よりも聞かなくなったような、それでもお店に普通に並ぶようになっているような塩こうじ。

我が家ではほぼ欠くことなく冷蔵庫に入っている。

減ってきたな、と思う頃合に、決まった銘柄の生こうじを買って作る。

じゃんじゃん減るような使い方はしていないから、仕込むのは年に2〜3回か。

 

もっぱらお弁当に入れる卵焼きは、しょっぱいのと甘いのと塩こうじで味付けしたものの3種類。

その日のほかのおかずの内容によって作り分けていた中で、ムスメたちは塩こうじの卵焼きが好きらしいことを知った。

てっきり、長女イコール塩、二女=砂糖なんだとばかり。

そうでしょう!とも思ったし、そうなの?と意外でもあった。

(わたしは塩こうじのが一番好きなのです)

3種類の卵焼きを作り続けることに今後も変わりはないと思うけど。

 

卵焼きのほかは、もっぱら肉や魚をつけておいてオーブンで焼く使い方が多い。

スペアリブとか、豚の肩ロースとか、鶏の手羽とか、生鮭とか。

漬けたものが冷蔵庫に入ってると楽だし、ちょっと嬉しい。

素材は風味よく、柔らかく焼きあがる。これも家族に好評。

 

最初はいろんな使い方を調べて試してみたけれど、結局定着したのは上の2つ、たまにプラスαといったところ。

でもこの2プラスαのためだけにも、せっせと仕込む甲斐は十分にある。

at 23:03, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

或る日の朝ごはん

フレンチトーストは、バゲットにメイプルシロップ+シナモンをかけたのが好き。

 

 

前夜に卵液に漬けて、朝は焼くだけ〜٩( ᐛ )و

at 23:18, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

caffarel

夫の姉からの贈りもののひとつ、カファレルのチョコレート。

かわいらしい缶はムスメとの争奪戦必至!

 

 

 

空き缶(というのか、これも?)、いっぱいあるんですけどね。

 

ガラスの整理にちょうどいいのです。

‥ということにしておこうかしら。

at 23:16, peroperope, 日々のこと

-, -, - -