きれいなのは一瞬で

 

 

ほんの数分置いて撮ったら、全然違う色になっててびっくりした。

at 23:39, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

インフルエンザ(疑い)

昨日の朝、長女が熱を出したので、病院に連れて行った。

 

節々痛いのは体育の剣道のせいだと思ってたけどもしかしたら‥

周りの席の子みんなインフルエンザだし‥

週末だるくてたくさん寝ちゃったのももしかして‥

と病院行く道すがら言い出して、インフルエンザの検査を受けた。

結果陰性。

 

しかし先生が仰言るには、

まだ検査のタイミングが早くて結果に出てこないだけかもしれない。

大事をとってインフルエンザという前提でリレンザ飲み始めてもいいかもしれない。

明日もう一度検査する手もあるけど雪で大変だろうし。

リレンザ飲み始めると熱も下がるしウイルス検出されなくなるから以降の検査はできない。

リレンザ飲み始めるとそこでインフルエンザということになっちゃうから元気になっても登校無理だけど。

等々。

 

3人で話して、結局インフルエンザとして治療する方向となった。

 

長女はゴロゴロしたり眠ったりしながらも、食欲はあるし、よく喋ってるし、鼻歌も出ている。

ま、インフルだとしてもかなり軽く済んでいるってことかしらん。

雪に触れないことが残念そうだったくらい。

 

わたしは週前半の予定を取りやめてほぼ家にいる。

週末に夫父が泊まりに来ることになっているので、そのための片付けを考えるとちょうどいいのかな、とも思う。

 

 

 

さて、今朝二女は底がツルツルのローファーで登校。

一応止めたり長靴をすすめたりもしたけれど、女子中学生の矜持みたいなものでしょうか?

通学路の急な坂道転けるなよ、と案じるばかりだった。

 

わたしも長靴で近所をザクザクと歩いてきた。

空気が冷たくて気持ちよかったな。

 

 

 

もうほとんどとけてしまっている。

これくらいがちょうどいいのでしょうね。

at 16:03, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

スープボウル、自転車修理、掃除予告

オニオングラタンスープを作ろうとして、容器がないことに気づいた。

普段グラタンに使っているお皿は浅い、いわゆるグラタン皿だし、スープを入れているお皿は耐熱仕様じゃない。

前に(それもかなり)作ったときはどうしたんだっけ?

考えて、おそらくこうしたんだろう、と4人ぶんのスープを作った鍋にそのままバゲットを並べ入れ、チーズをのせて、オーブンへ。めいめいの器によそいながら、うん、この方法しかなかったはず‥と思うんだけど、腑には落ちない。

うーん、耐熱のスープボウルを買おうかなあ、と思い始めたり。

(さすがにトリフボウルだと用途が絞られすぎるかしらん???)

 

 

夫がクロスバイクを贈ってくれてから5年。

2年ほど前からタイヤの摩耗が気になってはいたものの、正規取扱店とされている近くのお店に持ち込んだところ「このサイズのタイヤはない。取り寄せ?無理」と店頭で一蹴された。いつかはいつかは、と思いながら惰性で乗り続け、タイヤはどんどんツルツルになって行った。ヤバイヤバイこれは怖い、と思いながらツルツルタイヤ車を走らせる技術だけ上手くなったというかそこそこコツは掴めたこともあって、さらにズルズルと乗り続けてしまった。いやまあでも本当は危ない。乗り終えたときに今日も無事だった、とホッとするようになって、これはいよいよ修理だな、と思う。しかし、この2年でウチから2番目に近かった正規店は手を引いていた。あれあれ。

結局、検索して出てきた隣の区の自転車屋さんに持ち込んだ。

このサイズのタイヤは珍しいですよね、あまりないんですよ、と言われたものの、今回は門前払いなんてことはなく(前の対応を話したら信じてもらえなかったもんな)、いろいろなカタログを出してくださる。白いタイヤがいい、というこちらの要望も(白のデメリットは説明しつつ)聞き入れてもらえたし、破損・経年劣化が見られるところや整備場不具合のある箇所も一通り検めていただいた。わたしは好きで乗っているだけで詳しいわけではない。だから聞いていてよくわからないこともあったけれど、結果的にはほぼオーバーホールのようなかたちになったと思う。

大切なバイクだしできるだけ乗り続けたいから、今後はズルズル延ばし延ばしなんてせずに適宜整備をしていかなきゃな、と肝に命じつつ帰宅。

あとは、本体の状態もさることながら、年取ってもクロスバイクで安全かつ爽快に走れる自分の状態も維持してかないと。

 

 

来週、夫方の父が用事のついでに家に来ることになった。

夕方頃到着、翌朝には帰るというので滞在はちょっぴり。

ちょっぴりでも泊りは泊りなので、ひととおり片付けて掃除することになる。

年末のもロクにしなかったことだし、これはちょうどいいというか、わたしにとっては絶好の機会なのではないか。

当日は料理に専念したいし、それまでの平日にちょこちょことがんばることにする。

あとは美味しいパンを用意しておこう。

at 22:38, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

結婚記念日のお花

 

身内だけの小さな結婚式を挙げた日から丸16年経った昨日、夫方の父からいつものブーケが届いた。

 

わたしたちが結婚記念日としているのは、入籍した日(有給とって夫と区役所に行った。お天気よかったな)なんだけど、父にはこっちの日がインプットされている。

 

記念日が2回あるということだな。

毎年変わらず、必ずこの日にお花を送ってくれる。

うれしいことです。

at 23:40, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

食パン屋さん

中学校の保護者会へ向かう途中に食パン専門店の看板を見つけた。

帰りに寄ることにしたものの、夕方にはパンがほとんど売れてしまってた。
かろうじて半斤ずつ残っていた角食とレザンを。

 

 

天然酵母に国産小麦、オーガニックレーズンなど原材料にこだわったというパン、いただくのが楽しみ。

次はライ麦×全粒粉のパンも買ってみたいな。

KUKULI"、オープンしてから1年以上経っているそう。

お店の前を何度も往復してるのに気づかなかった。

at 10:22, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

ウロウロ

今日は青山のクレヨンハウスに贈りものを選びに行こうと思っていた。

 

朝の所用がひととおり終わったら眠くて、少し寝て起きたら、塩ラーメンの気分になっていた。よっしゃ、と自作の塩ラーメンマップを見てみる。気になっていた自由が丘の中華蕎麦三藤に行ってみようかしら。

ミシュランにも掲載されたという三藤、なんとなく古くからあるお店だと思い込んでいたけれど、地図アプリ片手に着いたそこはスタイリッシュな外観、そして内装。

 

行列覚悟で臨んだものの、お昼に少し早い時間だったからか入ったときは貸切状態だった。静かな店内に黒づくめのお兄さんが2人きびきびと働いていて、カウンターに通されたわたしはえらく緊張してしまう。

 

ほどなくして出てきたラーメンは美しい。平麺にスープがよく絡む。このスープは今まで食べたどの塩とも違っていて、こくとさっぱり感を持ち合わせており、とてもあとを引く。途中から、こりゃあ次は夫も連れてこなきゃ!と思い始める。(家族を連れて行きたいかどうか、これが「おいしいラーメン」と「とてもおいしいラーメン」の分かれ目かもしれない)

ちなみにこの三藤、ネットで調べると自由が丘エリアに括られているけれど、歩いてみると結構あったな。

 

 

せっかく自由が丘に来たのだし、といつものカタカナに寄る。

ここを何も買わずに出てこられた試しがないのだけれど、今日もまたしっかりお買い物を。

(というか、ここで贈りものが決まってしまって、このあと青山へ行く用事がなくなった)

家にも少し。九谷焼の楕円形の小皿を2枚と、夫にルフトハンザの箸置き!

ドクターイエロー箸置きもあったんだけど、手描きのルフトハンザロゴのゆるさが決め手でした。

 

 

 

思い立って、一度武蔵小杉に戻ってから南武線、小田急線と乗り継いで狛江の布のお店へ。

久しぶりだったので、ここでも地図アプリを活用。(こうしてどんどん感覚が鈍ってゆくのか‥)

タイミングよくアウトレットセールも開催されていて、ここで少しお買い物を。

 

 

せっかく狛江まで来たのだし、と、パン屋さんを検索してみた。

盛岡製パンとな?あのコッペパン、と謳われているけれど、あのってあれを指すのでしょうか。

とぐるぐる考えながら、またアプリに導かれつつ歩く。

ないじゃん、や、居酒屋?いや、これがそれだ!!

 

オーダーすると目の前でコッペに中身を詰めてくれるスタイル。

コロッケとかいちごとか結構重めのものが目を引く中、マイ定番の餡バターと夫が好きなカスタードをお願いする。

今日のおやつは決まりだな。

帰宅後、1/4ほどカットして食べてみた。

わたしが考える「盛岡のあのコッペパン」に比べると洗練されている。上品に仕上げてある、というのかな。

 

 

それと「盛岡のあの」に比べるとバターの割合が多い!

間違いのない組み合わせだし塩気が効いておいしいんですけどね、この断面見ちゃうと罪悪感が湧いてくるのだった。

(こんなのを高校時代は2個ペロリでした。太るわけだ)

 

 

結構よく歩いたような、でもそれが餡バターで全てチャラになったようなお出かけでした。

そうそう、RickRackの敷地内のオブジェ(関係あるのかわからないけれど?)がかわいらしかったな。

 

 

‥ああ、福田パン食べたくなっちゃったな。

at 23:33, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

その後とか

七号食の3日目、頭痛はやっぱりおさまらなくて、これ以上続けるのは厳しいな、と思った。

徐々に食事を戻して、今はもう普通に食べている。

七号食自体がもう合わないのだろか?とも思ったけれど、そのあとほかの理由に思い当たった。

いつか体調がいいときにリトライしようと思う。

丸3日で終わったわけだが、それでもその後の体は幾分軽いように感じる。

(これは体重じゃなく感覚として)

 

 

テレビの上のミッセの上にバレ太が乗っかっていた。

こ、今回もとても曲芸的だね‥

バレ太の怖さもさることながら、ミッセのバランスの良さって!

ムスメが「なんで白黒?」と聞いてきた。

いや、おもしろいかな、と思ってさ。

 

 

ベーコンチーズバーガー、フライドポテト、ミネストローネ。

今日のムスメたちのお昼ごはん。

 

 

わたしはバタールの残りを片づけました。

ミネストローネ大好き。

at 21:39, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

2日目

七号食を始めると、だいたい翌日に強烈な眠気と頭痛に悩まされる。

どちらも好転反応で出得る症状として挙げられてはいるものの、

後者の頭痛が強く出て、2日目にして継続を諦めたこともある。

そんな意味では、今日はあまり使いものにならなかった。

仕事とヨガには行ったし、その集中できている間はまあよかったものの、

その前後や合間の眠いこと。頭もズキズキしていた。

 

こういうことを、いつも2日目、症状が出てから思い出すのだ。

 

毎度、体重は微減(せいぜい1キロ)ながら、それでも試みるのは、

体の内側が軽くなったような気がするから。

これが徐々に戻って行って「なんか中が重い‥」と感じ始めると

リセットしたくなる。この繰り返しで、だいたい年に3度ほどか。

(で、そのうち1度は意志の弱さやその頭痛で挫折しているような。

成功するのは年に2度ってことです)

もう1つ、これくらい極端な方法じゃないと続かないから。

隙を作ると、そこから「まあいっか」「ここは妥協して」と、マイルールでどんどん緩くなる。

 

図らずも、今回は5日間で終わることになっちゃいましたけど。

そのあとに食べる塩ラーメンを考えながら乗り切ろう。

 

明日には眠気頭痛ともに消えてなくなってますよーに!

at 17:04, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

七号食

 

玄米にごま塩、梅干、焙じ茶。

しばらく好き放題食べたから、ここらでリセットを。

今回はいつまで持つかしら。

 

と思っていたら、来週はじめの部活の保護者会で、ケーキが出るとのムスメ情報が‥。

うむ、そこまでか。早かったな。

 

無事に終わったら、ご褒美に今年最初の塩ラーメン食べに行こうと思ってたのに、出鼻をくじかれた感じ。

ま、ラーメンはどのみち食べに行くんだけどさ。

at 22:22, peroperope, 日々のこと

-, -, - -

にちようび

年末に二女のスニーカーを新しくした。

グレーのローカットのコンバースはわたしが欲しいくらいだったが、これは彼女の足には合わなかった。

再度お店に行って1サイズ大きなものも試着させてもらったけれど、前後が良くても幅がダメ。

要は、コンバースは合わないということらしい。気に入っていただけに残念そうだった。

(わたしが代わりに履ければよかったのですけれど、サイズが違うのでした)

似た感じのものを‥と思って見たのがmoonstarの通販サイト

最近のわたしのスニーカーはここのもの。

バスケットシューズタイプも豊富だし、日本のメーカーのものなら足に合いやすいかな、と思った。

二女はここで渋めの色のローカットタイプを選んだ。

すぐに届いたそのスニーカーに足を入れてみた二女、「あ、大丈夫だ」「どこも痛くない」と拍子抜けしたような声。

やー、ホッとした。靴は大事だからね。

(コンバースの方は履いてくださるという方に譲ることが決まった。これもホッとした)

 

 

11月からCutipolのカトラリーを買い始めた。月に1本の割合で、ゆっくり揃えていこう、と思っていた。

なのに1度買ったきりで、その渋谷の雑貨屋さんの閉店が決まってしまった。

もともとこの数日以内に行って12月と1月の分の2本を買うつもりでいたけれど、おとといの告知とともに閉店セールが始まっていたこともあって、今日は夫と一緒に渋谷へ。

しかし残念ながらウチで揃えようとしているものは店頭になくて、買い物はしなかった。同じビルの本屋さんを眺めて、パンをいくつか買って帰ってきた。ついて来てくれた夫にはちょっと申し訳なかった。

お天気よかったから、お出かけ日和だったかな。

カトラリーはその雑貨屋さんのネット通販で注文することになりました。

 

 

きょうは、新しく買ったO'NEIL OF DUBLINのスカートを履いて出かけた。

キルトスカートよりもプリーツがずっと細かくて丈が長め。

細いプリーツが動きに合わせて揺れるのがきれいで、歩きながらついウインドウを見てしまった。

ベーシックな形だから、今以上太らなければおばあちゃんになっても着られる(はず)。

元々そこまで想定して買い始めたO'NEIL、4本目のこれはかわいらしくならないところがいい。

というわけで、あとは体型維持!

 

‥の前に、正月太り解消!!

えー、明後日からね。

 

 

※その後調べたら、クチポールの正規代理店というのがちゃんとあって、取扱店鋪一覧もあるのでした。(少ないけれどな)近そうなところから少しずつ歩いてみようかと。

at 22:52, peroperope, 日々のこと

-, -, - -